医療法人むらつ歯科クリニック

歯が痛くなくても必要!マイクロエンド 歯内治療の正体とは?

無料相談はこちら

歯が痛くなくても必要!マイクロエンド 歯内治療の正体とは?

歯が痛くなくても必要!マイクロエンド 歯内治療の正体とは?

2023/09/26

歯が痛くなくても、歯内治療が必要な場合があるって知っていましたか? 私たちの口の中には、歯の根の中にも細かい穴や隙間があり、そこに細菌が入り込むことで歯根の炎症を引き起こす場合があります。このような場合に必要なのが、マイクロエンド 歯内治療です。歯の神経にまで到達する微小な器具を使って、痛みの原因となる細菌や炎症を取り除くことで、歯を守ることができます。今回は、そんなマイクロエンド 歯内治療の正体に迫ってみましょう。

目次

    マイクロエンド歯内治療とは?

    マイクロエンド歯内治療とは、微小な手順で歯の根っこにある神経・血管を取り除き、細菌感染を根本から治療する強力な方法です。最近の症例でもその有効性が認められており、従来の歯内治療と比べてより確実かつ安全な方法として注目を集めています。 具体的には、マイクロスコープと特殊なシステムを用いた手技によって、細かい部位に素早くアプローチし、歯の根っこにある病巣を徹底的に取り除きます。従来の束縛的な方法と比べ、より精密な取り扱いが可能となるため、処置がよりスムーズに進行し、回復も早くなります。 また、マイクロエンド歯内治療は、歯の削除や摘出などの深刻な措置を行うことなく、歯を長期的に残すことができるという利点があります。この治療方法は、根管治療を受ける機会が多い方や、歯に長期的な問題がある場合に特に効果的です。 歯医者としては、最新の技術を導入したマイクロエンド歯内治療によって、歯の根っこにある感染症を根本的に治療し、より健康的な口内を実現することができます。ぜひ、こうした先進的な歯内治療を取り入れた診療を行う歯科医師のもとで丁寧な治療を受けてみてください。

    歯の痛みがなくても必要な理由とは?

    歯の痛みがなくても、歯医者に定期的に通うことは非常に重要です。なぜなら、歯の健康は口内環境のバロメーターと言われており、口内環境が悪くなると全身の健康にも悪影響を及ぼすからです。 歯科医師は、定期的なチェックアップにより問題が発生する前に予防することができます。歯周病や虫歯などは、破壊的な症状が出た時には、治療が難しくなります。しかし、早期に発見することで、比較的簡単に治療することができます。 また、歯科医院での定期的なクリーニングは、歯垢や歯石を取り除くことで口臭を防止し、歯を美しく保ちます。歯の内部には、色素が付きやすくなっている場合があるため、歯のクリーニングは歯の白さを維持するためにも重要です。 そういった点を踏まえると、歯の痛みがなくても定期的な歯科医院への通院が必要であることがわかります。予防にもっとも重要なことは、健康を維持するための正しい生活習慣であり、歯の健康を維持するためにも定期的な歯科医院のチェックアップは欠かせません。

    マイクロエンド歯内治療が必要なケースとは?

    歯の中には、奥深くに細菌が繁殖し、虫歯や歯周病などの病気を引き起こすことがあります。このような場合には、マイクロエンド歯内治療が必要となります。 マイクロエンド歯内治療は、内部から治療を行う方法で、患部周辺の歯髄や根管内の細菌を除去し、再発防止に努めます。このため、歯の神経を取り除くことが必要となる場合もあります。 マイクロエンド歯内治療が必要な症例としては、大きな虫歯や激しい歯痛、腫れ、出血などが挙げられます。また、歯の根尖に石灰化した歯周病菌が蓄積し、感染が拡大している場合や、歯の根管治療の失敗があった場合も、マイクロエンド歯内治療が必要となります。 治療前には、レントゲン撮影などを行い、患部の状態を正確に把握します。また、感染部位を麻酔や消毒液で除菌し、根管内に特殊な器具を用いて治療を行います。治療後には、仮歯などの保護も行い、定期的なメンテナンスを必要とします。 マイクロエンド歯内治療を適切に行うことで、症状の改善や歯の保存が可能になります。しかし、治療を放置してしまうと、病気は悪化し、抜歯や入れ歯などの大規模な治療が必要となってしまうため、早めの治療が大切となります。

    マイクロエンド歯内治療の手順と治療期間は?

    マイクロエンド歯内治療は、歯髄から膿が出ていたり、顎の痛みがあったりする歯の治療方法の一つです。従来の歯内治療よりも精密な道具を使い、根管内や歯髄に直接光を照射することで、根管の治療精度を高めることができます。 この治療の手順は、まず歯の根管にアクセスして、根管内の細菌やゴミなどを除去します。次に、専用の器具で根管内をキレイにし、消毒処置を施します。最後に、充填材を根管に詰め、詰め物を修正して治療完了となります。 治療期間については、一般的には2~3回の来院が必要です。初回は歯の状態を確認し、歯と歯茎の治療が行われます。2回目以降は、根管内の治療が開始され、最終処置で充填材を詰め込むという流れになります。治療期間は、歯の状態や治療の進行具合によって異なりますが、一般的には2~4週間ほどかかる場合が多いです。 マイクロエンド歯内治療は、正しく治療を行うことで歯の抜歯を防ぐことができます。治療期間は長めに感じるかもしれませんが、忍耐強く継続的な治療を行うことで、再発や拡散を防ぐことができます。歯のトラブルがある場合は、早めに歯医者に相談することをおすすめします。

    マイクロエンド歯内治療の成功率とメリットは?

    マイクロエンド歯内治療は、従来の治療法に比べて高い成功率とメリットがあります。この治療は、微小な器具を使用して歯根管内部にある細菌や炎症を除去し、歯を救う方法です。マイクロエンド歯内治療は、従来の治療方法と比較してより正確に歯根管内部の障害を治療できるため、再発や合併症の発生率が低くなります。また、治療期間や痛みも軽減されます。さらに、マイクロエンド歯内治療は、歯を抜かずに治療できるため、健全な歯を残すことができます。歯を失うことは口腔健康に悪影響を与えるため、マイクロエンド歯内治療は、歯の保護にも役立ちます。マイクロエンド歯内治療は、特に根っこの治療が必要な場合にお勧めできます。歯を救い、口腔健康を維持するために、最新の治療法であるマイクロエンド歯内治療を利用してみることをおすすめします。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。