医療法人むらつ歯科クリニック

歯周病合併症とは?予防法から治療方法まで解説

24時間 LINE 相談&受付

歯周病合併症とは?予防法から治療方法まで解説

歯周病合併症とは?予防法から治療方法まで解説

2023/09/26

歯周病は、歯肉や歯根膜などの歯周組織を侵す炎症性疾患です。しかし、歯周病は単なる口内のトラブルだけに留まらず、全身の健康にも大きな影響を及ぼすことが知られています。このような歯周病の合併症について、予防法から治療方法まで詳しく解説します。歯周病合併症について正しく知り、適切な対処を心がけましょう。

目次

    歯周病合併症とは?

    歯周病とは、歯周組織の炎症や感染症によって引き起こされる口腔内の疾患です。普段から歯磨きをしっかり行い、定期的な歯科検診を受けることが大切ですが、放っておくと重篤な合併症を引き起こすことがあります。 具体的な歯周病の合併症としては、心臓病や脳卒中などが挙げられます。歯周病は細菌が増加し、血行を悪化させて血管が詰まることが原因とされています。したがって、歯周病が進行することによって、このような合併症を引き起こすリスクが高まることになるのです。 また、歯肉炎と呼ばれる歯茎の炎症も歯周病の一環ですが、これが放置されると歯周病へと悪化してしまいます。歯肉炎は歯肉から出血したり、腫れたりすることで目立ちますが、進行すると歯を支える骨が侵され、歯が抜け落ちてしまう場合もあります。 歯周病の合併症は、治療が遅れたり、放置された場合に発生することが多いため、早期発見、早期治療が大切です。定期的な歯科検診を受け、適切なケアを行うことで、歯周病合併症を予防することができます。

    歯周病の原因と予防法

    歯周病は、歯茎の周囲に炎症が起こり、歯の根っこや骨にまで病気が進行する大変な疾患です。歯周病の主な原因は、歯垢と歯石による細菌感染です。歯垢と歯石は、日常のしっかりした歯磨きで予防できます。定期的な歯科検診もお忘れなく!歯石は歯科医院でしか取り除くことが出来ないため、専門家に依頼するのが安心です。また、喫煙、ストレス、持病のある方、妊婦さんなどには特に注意が必要です。日頃から自己管理をしっかり行い、早期発見・治療を心がけ、健康的な口内環境を作りましょう。歯周病は、悪化すると歯を失う原因の一つとなってしまいます。歯を守るために、日ごろからのセルフケアと、歯科医院での定期的なチェックが重要です。

    歯周病合併症の症状と治療方法

    歯周病は、歯と歯茎を支える組織に感染が広がる病気であり、重症化すると歯が抜け落ちる原因になります。歯周病は初期症状があるため、自覚症状が出る前に治療が必要です。最も一般的な症状は歯肉の腫れや出血で、歯がゆるくなったり、歯石が付いた状態になることもあります。これらの症状がある場合は、早急に歯医者に相談することをおすすめします。歯周病を治療する方法は、レーザー治療、根気的治療、外科的治療、抗生物質による治療などがあります。病気の進行度合いによって、治療方法が異なるため、歯医者に相談し、病気の進行具合を把握した上で、適切な治療を行うことが大切です。歯周病にならないためには、歯磨きをしっかりと行い、定期的な検診に通うことが重要です。歯周病に対する予防と早期治療が必要です。歯医者での相談や検査をお勧めします。

    歯周病合併症と全身疾患の関係

    歯周病は、歯茎や歯槽骨周囲の組織が炎症を起こす疾患で、歯周病菌が口内に繁殖し、歯垢や歯石が蓄積することが原因で発症します。歯周病は、歯を失う原因の一つであるだけでなく、心疾患、腎疾患、糖尿病、呼吸器疾患など、全身的な病気を引き起こす危険性もあるのです。 心疾患との関係については、歯周病菌が血管内に侵入し、心臓周囲の状況を悪化させるとされています。また、歯周病と糖尿病の関係については、歯周病の発生が糖尿病の原因となることが報告されています。歯周病が発症することで、全身の免疫力が低下し、糖尿病の進行を促進すると考えられています。 このように、歯周病は、全身の健康に深刻な影響を与えることがあるため、定期的な歯科検診や適切な歯磨きが大切です。また、歯周病発症時には、歯科医師による適切な治療が必要です。歯周病を放置することで全身疾患を引き起こすリスクがあるため、早期発見・治療が望ましいです。

    口腔ケアの重要性と定期検診の必要性

    口腔ケアは、健康な歯や口のために非常に重要です。日々の歯磨きやフロス、マウスウォッシュの使用を習慣化することが、虫歯や歯周病の発生を防ぐことができます。しかし、これだけでは不十分であり、定期的な歯科検診を受ける必要性があります。 口腔ケアに不備があると、歯や歯茎の痛み、口臭、口内炎などの症状がでてきます。また、虫歯や歯周病が進行すると、歯を失うリスクもあります。そのため、できるだけ早期に発見し、治療を受ける必要があります。 定期的に歯医者の診察を受けることで、歯と歯茎の状態を詳しく把握することができます。虫歯や歯周病の発生している状態を検査し、適切な治療を施すことで、歯を守ることができます。また、レントゲン撮影などの検査を行うことで、顎の骨や歯根に異常がある場合も発見することができます。 歯科検診の頻度は、個人差がありますが、1年に1回から2回が一般的です。口腔ケアの重要性を認識し、定期的な歯科検診を受けることで、健康な歯や口を保っていきましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。