医療法人むらつ歯科クリニック

エムドゲイン治療とは?歯医者さんが解説する治療法のメリットとデメリット

24時間 LINE 相談&受付

エムドゲイン治療とは?歯医者さんが解説する治療法のメリットとデメリット

エムドゲイン治療とは?歯医者さんが解説する治療法のメリットとデメリット

2023/09/26

歯や歯茎の病気には、さまざまな治療法があります。中でも、最近注目を集めている治療法がエムドゲイン治療です。この治療法は、歯周ポケット内から抜け落ちた歯根膜細胞の再生を促すことで、歯周病による歯槽骨の破壊を防止することができます。そこで本記事では、エムドゲイン治療について、歯医者さんが解説する治療法のメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

目次

    エムドゲイン治療とは

    エムドゲイン治療とは、歯根面のエナメル質が失われてしまった場合や、歯肉縁下の歯根面に口腔内清掃が困難な歯周病を治療するための方法です。 この治療は、歯科医師が歯肉縁下に尖った器具を使って歯根面を削り、その後に特別な材料を歯根面に塗布することで、歯根面を覆い隠すという方法で行われます。 この治療は歯肉縁下に蓄積した歯垢や歯石を取り除く手順が必要であり、局所麻酔を使用することが一般的です。また、治療後は極力歯肉縁下にあたる箇所を問題なく清掃できるように、定期的なメンテナンスを行うことが必要です。 エムドゲイン治療は治療後にしっかりと歯根面が覆われ、歯周組織の再生を促すことが期待できるため、歯を長期間保護することができます。治療には高額な費用がかかることがありますが、歯を失うことを避けるためにも積極的な治療を検討することが大切です。

    歯周病に効果的な治療法

    歯周病は、歯と歯肉の境界にある歯周組織が炎症を起こす病気です。放置すると、歯肉の出血や腫れ、歯の揺れ、歯が抜けるなどの症状が現れることがあります。しかし、適切な治療法を選ぶことで、歯周病を進行させることなく治療することができます。 歯周病の治療法には、歯石の除去、歯周ポケットの洗浄、患部周辺の炎症を抑える抗菌剤の使用があります。また、歯茎移植手術や歯周外科手術を行うこともあります。 歯石の除去は、歯科医師によって行われるスケーリングと呼ばれる方法で、歯石を取り除くことで歯肉炎の原因となる細菌を減少させます。歯周ポケットの洗浄は、スケーリング後に行われる方法です。スケーリングで取り除けなかった歯石や歯垢を歯周ポケットから洗浄します。 抗菌剤は歯科医師によって処方され、患部周辺の炎症を抑える作用があります。歯茎移植手術は、歯肉が不足している場合に行われ、他の部位から歯肉を移植することで歯周組織を再生する治療法です。歯周外科手術は、歯肉を切除して歯周ポケットの深さを浅くし、歯周組織を再生する治療法です。 歯周病の治療法には、適切な方法を選ぶことが大切です。歯科医師と相談しながら、自分に合った治療法を選びましょう。また、予防も重要なポイントです。歯磨きや歯間ブラシ、フロスなどの正しい使い方や、歯科医院での定期健診を受けることで、歯周病の発生を予防することができます。

    歯茎の再生を促進する効果

    歯茎の再生を促進する効果は、歯科医療において非常に重要な役割を果たしています。歯茎の再生を促進することにより、歯周病や歯槽膿漏などの病気に悩まされる患者さんの治療に大きく関わっています。 歯茎の再生を促進する方法には、様々な治療法があります。例えば、歯肉移植や組織再生療法など、患者さんの症状に応じて最適な治療法を選択することが大切です。 また、日頃の歯磨きや定期的な歯科検診も、歯茎の再生を促進するために欠かせません。歯磨きが不十分だと、歯垢や歯石などの汚れが蓄積し、歯茎を刺激することになります。定期的な歯科検診も同様で、歯茎の状態を把握することができ、早期発見・治療につながります。 歯茎の再生を促進するためには、まずは正しい歯磨きや歯科医師の指導を受けることが大切です。そして、病気の進行を防ぐためにも、定期的な歯科検診が欠かせません。歯医者は、患者さんの歯茎の再生を促進する最適な方法を提供することにより、患者さんの健康と笑顔をサポートしていきます。

    手術を伴わない非侵襲的な治療法

    歯科における治療は、一般的に手術が必要な場合がありますが、最近では手術を伴わない非侵襲的な治療法が増えてきています。 その一つが、レーザー治療です。レーザーは歯の神経を刺激せず、痛みに敏感な軟組織を切開する必要がないため、麻酔や手術などの痛みを伴う治療法に比べて治療期間が短くなるというメリットがあります。 また、歯科治療の際には、局所麻酔や全身麻酔が必要となる場合もありますが、非侵襲的な治療法では、麻酔をせずに治療ができるため、苦手な方や麻酔ができない方でも安心して治療を受けることができます。 加えて、従来の手術治療法では削り取ってしまう歯の部位を、レーザー治療では効率よく治療できるため、歯の健康を維持することができます。 歯科医療の技術が進化する中で、手術を伴わない非侵襲的な治療法が注目されています。歯科医師と患者が治療法を共有しながら、最適な治療法を選択し、歯の健康を維持していくことが大切です。

    治療期間や費用について知っておこう

    歯医者に行く際には、治療期間や費用について事前に知っておくことが大切です。治療期間は、患者の症状や治療方法によって異なります。一般的に、虫歯や歯周病の治療は、数回の診察で完了することが多いです。また、歯の根っこまで炎症が進んでしまっている場合や、インプラント治療のように手術が必要な場合は、治療期間が長くなることがあります。 次に、治療費用についてですが、治療方法や進行状況によって大きく変わることがあります。虫歯の場合、詰め物やかぶせ物をする治療法が一般的ですが、素材や治療の方法によって費用が異なります。歯周病の治療は、初期の段階での予防治療が重要ですが、進行した場合は手術なども必要になるため、費用が高くなることがあります。インプラント治療は、歯を一本から作り直すため、費用が高くなる傾向があります。 以上のように、歯医者に行く際には、治療期間や費用について事前に調べておくことが大切です。また、治療費用に対して保険が効く場合もありますので、歯科医院に確認してみることをおすすめします。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。