医療法人むらつ歯科クリニック

自宅でホワイトニング!歯医者が伝授するホームホワイトニングのやり方

無料相談はこちら

自宅でホワイトニング!歯医者が伝授するホームホワイトニングのやり方

自宅でホワイトニング!歯医者が伝授するホームホワイトニングのやり方

2023/09/26

近年、美白が求められる時代になり、歯のホワイトニングも注目されています。歯医者に行かずに自宅で手軽に行うことができるホームホワイトニングがあります。今回は、歯医者からのアドバイスをもとに、自宅で行うホワイトニングのやり方をご紹介します。気になる歯の黄ばみや汚れを落として、白く輝く歯を手に入れましょう。

目次

    やり方を徹底解説

    ホームホワイトニングを行うにはまず歯医者に行く必要があります。ホームホワイトニングにはインターネットでも購入できるものもありますが、基本的に効果がないと思っていただいていたほうがいいです。理由としては、歯を漂白する成分は医薬品なので「歯科医院」でしか購入することができません。そのため、インターネットで販売しているホームホワイトニングや歯磨き粉、セルフホワイトニングといったところは歯の汚れを取っているだけで、生まれつきの白さ以上に白くすることはできません。

    まず、ホワイトニングを始めるにあたって歯医者が患者さんに行う治療の最初に重要なことは、患者さんとのコミュニケーションです。オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングの前に、患者さんへ痛みや問題点について詳しく説明してもらうことが大切です。

    主に起こりやすいトラブル

    ・歯がしみる

    ・歯茎が痛くなる

    ・歯茎が白くなる

    ・歯にホワイトスポットができる

    ・粘膜が腫れる

    また、患者さんの理解度や不安などにも対応し、信頼関係を築くことが求められます。ホワイトニングは場合によっては歯に痛みが出たりしますので、最初に十分な情報を確認しておくことが重要です。 次に、治療のやり方についてです。歯医者が行う治療には、患者さんに合わせて。オフィスホワイトニングかホームホワイトニング、両方行うデュアルホワイトニングといったものがあり適切に選ぶ必要があります。

    オフィスホワイトニングは歯医者で行いますが、ホームホワイトニングは自宅で行いますので、最初に歯の型取りをしてマウスピースを作る必要があります。その後、使うホワイトニング剤を購入してマウスピースに塗布して装着します。ホワイトニング剤によって装着時間は異なりますが、1~2時間程度が一般的です。

    オフィスホワイトニングかホームホワイトニングといった種類や進め方によって、金額や期間も大きく異なってくるので、最初に確認しておく方がいいです。また、治療中も定期的に歯医者や衛生士とコミュニケーションを取り、不安や痛みが出た時にはすぐに対応してもらうようにしましょう。 さらに、治療後のアフターケアについても重要です。 以上が、歯医者が行う治療のやり方についての解説となります。患者さんとのコミュニケーション、適切な治療方法の選択、アフターケアまで、一人ひとりの患者さんに合わせた丁寧な対応が求められます。

    医療ホワイトニングとサロンホワイトニングの違い

    医療ホワイトニングには歯医者で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングとがあります。世間的にはそれ以外に、医療ではないサロンホワイトニングというものも増えてきました。医療ホワイトニングとサロンホワイトニングの違いを説明したいと思います。簡単に言うと使える薬剤が異なります。冒頭でも説明しましたが、医療費ワイトニングで使用するホワイトニング剤は医薬品になります。そのため、法律で資格を持つ人しか販売することができません。そのため、サロンンホワイトニングやインターネットで購入できるホワイトニング剤は歯を白くする有効成分が入っていません。「痛みがでない」といった表現で出されていることが多いですが、言い換えると漂白効果が出ていないということになります。

    歯を本気で白くしたい方は歯医者さんでの医療ホワイトニングを行ってください。

    ホワイトニングの効果的な治療について

    ホワイトニングの効果的な治療についてですが、いちばんのお勧めは短い期間で一気に白くしてしまうことです。ホワイトニング剤は色素に反応して漂白してくれるという特徴があるため、時間をかけてホワイトニングを行うと、歯の表面に汚れが付着したりする可能性があり、その汚れにホワイトニングの効果を奪われてしまう可能性があります。短い期間であれば表面に汚れが付きにくいので、ホワイトニングの効果が直接歯に届きやすくなります。オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも始めるときは一気に進めていくことをお勧めします。

    デメリットも知っておこう

    ホワイトニングのデメリットとしては、まず歯が知覚過敏となりしみたり痛みが出たりすることがあります。これはホワイトニング剤は漂白を行う際に歯の中の色素を分解するときに水分を使用するため、一時的に脱水状態になることで神経を刺激するからです。しかし、1~2日で歯に水分が戻ってきますので、痛みは解消しますのでご安心ください。また、歯茎もホワイトニング剤によって痛みが出ることがあります。この時も数日でもとに戻りますので心配はいいりません。まれに光過敏症(太陽負け)のかたはホワイトニング用の照射器に光によって唇や粘膜が腫れることがあります。普段から日光に弱い方は、事前に担当する歯科医師か衛生士にその旨説明しておく方がいいです。きちんと防御すればホワイトニングを行うことができます。基本的に医療ホワイトニングで歯が永久的にダメージが出ることはほとんどありませんので、非常に安全な治療だといえます。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。