医療法人むらつ歯科クリニック

金属フリー治療って何?歯医者の視点から解説します

無料相談はこちら

金属フリー治療って何?歯医者の視点から解説します

金属フリー治療って何?歯医者の視点から解説します

2023/09/27

金属フリー治療という言葉を聞いたことがありますか?歯の治療において、金属を使用しない手法が注目されています。この治療法は、金属アレルギーを持っている方や、金属に対する抵抗感がある方にとって、非常に有効な選択肢となっています。本記事では、歯医者の視点から、金属フリー治療について解説します。

目次

    金属フリー治療とは?

    金属フリー治療、とは歯科治療の一部で、金属を使わない治療方法のことです。かぶせ物・詰め物・ブリッジ・義歯・支台等、金属が使われる治療法において、アレルギーや感じる痛みを防ぎたい患者さんに適しております。金属フリー治療には、セラミック・ジルコニア・レジン等が主に使用されます。これらの素材は、自然な歯と同様に美しく、丈夫で安定性が高く、腐食しにくいというメリットがあります。また、優れた耐久性や最新テクノロジーが取り入れられた進化した材料が使用されることから、金属フリーは現代歯科治療においてますます重要視される治療法となっています。異物感が少なく、違和感がないということで、これから先増加が期待されます。ただし、一部の治療法では金属が必要な場合もありますので、症状や病歴等に応じ先生に相談してください。

    金属フリー治療のメリットとは?

    近年、金属フリー治療という言葉が注目を集めています。この治療法は、従来の金属素材でできた虫歯治療・被せ物・義歯などに対して、金属を使用しない素材を使用する治療法です。 この治療法のメリットの一つは、アレルギーや金属の不快感を持つ患者さんにとって適していることです。また、特に前歯の治療において、見た目が非常に重要なため、発色性・透明性・光反射といった点に優れた自然な見た目を実現することができます。このため、金属フリー治療によって、自然な歯並びや見た目を保ちたい方にとってはおすすめです。 さらに、金属素材ではありえなかった詰め物と歯の接着強度に優れている粘着性により、治療の寿命も長く、金属のように錆びたり腐食したりすることもありません。そのため、一度治療を行った後は、しっかりとメンテナンスを行うことで長く使うことができます。 ただし、金属フリー治療は従来の治療法と比べると、費用がやや高いため、予算に余裕のある人にとっての選択肢となります。また、保険適用の範囲内には限定されているため、確認してから治療を行うことが必要となります。 金属フリー治療は、金属アレルギーのある方や見た目を重視する方にとって魅力的な治療法です。しかし、予算や保険適用範囲を確認した上で行うことが重要なポイントです。

    金属フリー治療のデメリットとは?

    金属フリー治療のデメリットとは、コストが高いことや、治療期間が長くなることが挙げられます。 金属フリー治療は、従来の金属製の歯科治療に比べて高価なものが多いため、患者様にとっては費用的な負担が大きくなります。また、素材自体が高価であるため、治療費用が保険外となる場合が多いため、自己負担額が高くなることもあるでしょう。 また、治療期間も長めになることがあります。従来の金属製の治療に比べ、作製に時間がかかる場合がありますが、それに加えて、治療内容や患者様の状態によっては、治療期間が長くなることがあります。そのため、美しく健康な歯を取り戻すまでに、長い時間と労力を費やすことになるかもしれません。 より良い治療を受けるためには、先にデメリットも把握しておくことが重要です。治療内容は個人によって異なるため、治療の選択肢も異なるものになるかもしれません。また、治療費用や治療期間に関する問い合わせも、治療前に確認しておくことが大切です。是非、歯科医師と相談し、最良の治療方法を見つけてみてください。

    どのような材料が使われるの?

    歯医者で使用される材料は、患者の歯の状態や治療方針によって異なります。一般的には、現在は主にセラミックやコンポジット樹脂が使用されています。セラミックは、天然の歯に近い色や透明感があり、耐摩耗性や強度が高く、非常に優れた審美性があります。また、コンポジット樹脂は、白く自然な仕上がりが得られるため、前歯の治療に多く使用されます。他にも、歯科用金属やゴム、糸などが使用されることもあります。歯科用金属は、歯のかみ合わせや修復に使用され、強度が高く、長期間の使用にも耐えることができます。ゴムや糸は、歯科治療中に口の中の水分をコントロールし、歯や周囲の組織を保護するために使用されます。歯医者によっては、これらの材料を組み合わせることもあります。治療によってどのような材料が使用されるかは、歯医者との相談で決定するのが良いでしょう。

    金属フリー治療を受ける際の注意点は?

    歯の治療に使用される金属類には、アレルギーや感染症のリスクなどがあるため、最近では金属フリー治療が注目されています。金属フリー治療を受ける際の注意点には、以下のようなことがあります。 まず、金属フリー治療を受ける前に、必ず歯科医師に相談することが大切です。治療内容や使用する材料について十分に説明を受け、自身の体調やアレルギーのリスクを伝えるようにしましょう。 金属フリー治療には、セラミックやプラスチックなどの素材が使用されます。これらの素材は金属に比べ、耐久性や強度が劣ることがあります。そのため、治療部位の使用用途や場所に応じて、使用する素材を選択する必要があります。 また、治療後のブラッシングにも十分な注意が必要です。金属フリー治療部位は、金属に比べて汚れや色素が付着しやすく、むし歯や歯周病のリスクが高まります。十分な歯磨きや定期的なメンテナンスを行い、治療後に再発しないように注意しましょう。 金属フリー治療は、アレルギーや感染症のリスクを減らすため、注目されています。ただし、適切な材料やブラッシングなどの注意が必要です。歯科医師との十分な相談やケアを行い、自分に合った治療法を選ぶようにしましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。