医療法人むらつ歯科クリニック

虫歯の進行を防ぐ!歯医者のオススメ対策・治療方法とは?

無料相談はこちら

虫歯の進行を防ぐ!歯医者のオススメ対策・治療方法とは?

虫歯の進行を防ぐ!歯医者のオススメ対策・治療方法とは?

2023/09/29

歯の健康は身体全体の健康を保つために欠かせないものですが、中でも虫歯は一度発症してしまうと進行が止まらず、歯を失う原因にもなる恐れがあります。そこで、今回は虫歯の進行を防ぐために、歯医者がオススメする対策や治療方法についてご紹介します。正しい知識を持って、虫歯予防に取り組みましょう。

目次

    虫歯の原因と進行の仕組み

    虫歯は、歯の表面に付着した食べカスや菌が歯垢(プラーク)となり、その中の酸によって歯のエナメル質が脱灰し、虫歯になる病気です。歯垢中の菌は炭水化物を分解して酸を生成し、この酸が歯のエナメル質を脱灰します。繰り返しによってダメージを受けた歯の表面に小さな穴ができ、これが虫歯と呼ばれます。 虫歯が進行すると、穴が大きくなって、歯の神経にまで到達することがあります。神経が刺激されると強い痛みを感じることがあります。この場合は、歯の治療が必要となります。 虫歯の進行は食生活や歯磨きの習慣などによっても左右されますが、保健指導を受けた、定期的な歯科検診や予防処置が虫歯の進行を遅らせることができます。また、虫歯にならないためには歯垢をしっかりと落とし、菌の繁殖を抑えることが大切です。定期的な歯科検診を受けて、虫歯の早期発見・治療を行い、健康な歯を守りましょう。

    歯医者が勧める虫歯予防の方法

    歯医者が勧める虫歯予防の方法には、定期的な歯科検診や適切な口腔ケアが挙げられます。 まず、定期的な歯科検診は1年に1回以上受けることがおすすめです。歯科医師が口腔内をチェックし、早期に虫歯や歯周病を発見できます。早期発見・早期治療が重要です。 また、適切な口腔ケアを行うことも虫歯予防には不可欠です。歯ブラシを毎食後や就寝前に使用すること、歯間ブラシやフロスなどを使って歯と歯の間をしっかりと清潔にすること、細菌の繁殖を抑えるマウスウォッシュを使うことなどが効果的です。また、食事は甘いものや脂っこいものを控え、カルシウムを多く含む食品を摂取することも歯の健康には大切です。 オフィスホワイトニングなどの美容目的の治療を受ける前に、まず虫歯や歯周病を治療することが大切です。虫歯がある状態でホワイトニングを行うと、虫歯が進行したり神経を痛める場合があります。美しい歯並びだけでなく、歯の健康も整えましょう。 歯医者が勧める虫歯予防の方法は簡単ですが、毎日コツコツと続けることが大切です。定期的な検診と正しい口腔ケアを心がけ、健康な歯と美しい笑顔を手に入れましょう。

    虫歯が進行した場合の治療方法

    虫歯が進行した場合は、歯科治療が必要です。歯の表層から歯髄へと進行してしまった場合には、虫歯を取り除き、歯を保護するためにレジンなどの詰め物を施します。また、歯髄まで虫歯が進行してしまった場合には、根管治療を行います。これは歯を抜かずに歯髄を取り除き、根管をきれいにしてから再び詰め物をする処置です。一方、虫歯によって歯の状態が重篤になった場合には、歯を抜いてインプラントやブリッジなどの治療方法を用いることもあります。虫歯は進行すると歯茎や歯根にまでダメージを与え、歯を失ってしまうこともありますので、早期に歯医者での治療を受けることが大切です。定期的な歯科検診や適切な歯磨きを行うことによって、虫歯の進行を予防することができます。

    虫歯治療でよく使われる治療器具

    虫歯は、虫歯菌と呼ばれる微生物が歯の表面に付着して、破壊された歯の組織に食い込んでいくことで発生します。そのため、虫歯を治療する際には、虫歯菌を除去し、歯の穴を詰めることが必要です。歯医者が虫歯治療に用いる主な治療器具をご紹介しましょう。 まずは、虫歯を削るために使用するドリルです。かつては、高速回転するエアータービンが用いられていましたが、最近では、水を使用する水冷式のドリルが主流となっています。このドリルで、虫歯や歯垢を削り取ります。 次に、虫歯を削った後に使われる除菌器です。この器具は、オゾン水を歯にかけて虫歯菌を殺菌することができます。また、除菌器には、光照射によって虫歯病巣内の菌退治を行う照射器があります。 そして、虫歯を詰めるために用いる、充填材の詰め物器具です。現在では、新しい素材であるコンポジットなどが主流となっており、それらを流動的に入れて、歯の内部を埋めることで穴がなくなり、自然な形に戻ります。 以上が、虫歯治療でよく使用される治療器具です。歯医者によって使用する器具、素材が異なる場合がありますので、治療前に担当医師に聞いてみましょう。また、虫歯を未然に防ぐことが大切です。歯磨きや歯科検診を定期的に受けることで、虫歯を未然に防いでいきましょう。

    虫歯にかかった後のケア方法

    虫歯は歯に穴をあけてしまう病気で、進行すると歯髄炎や根の治療に至ることもあります。虫歯にかかってしまった場合は、治療が必要ですが、その後のケアも大切です。 まずは、口腔内の衛生管理を徹底しましょう。正しい歯磨きの方法を実践し、歯ブラシで細かい隙間まで丁寧にケアしましょう。また、定期的に歯科医院でのクリーニングを行い、歯垢や歯石を除去することも重要です。虫歯予防には、フッ素塗布などのアプローチも有効です。 また、食生活にも注意が必要です。砂糖や甘いもの、酸っぱいものなどは虫歯の原因となるので、控えめにしましょう。また、食後には歯磨きをするか、歯をゆすいでおくことも虫歯予防につながります。 治療後は、歯磨きの際に傷つきやすい箇所があるため、ブラッシングを丁寧に行いましょう。また、歯のしみや違和感、痛みなどの異常がある場合は、早めに歯科医院での検診を受けましょう。定期的な歯科検診やメンテナンスも、虫歯の再発を防ぐためには欠かせません。 虫歯にかかってしまった場合は、治療後のケアも十分に行い、再発を予防していきましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。