医療法人むらつ歯科クリニック

知って得する!インビザラインと歯列矯正の違いとは?

無料相談はこちら

知って得する!インビザラインと歯列矯正の違いとは?

知って得する!インビザラインと歯列矯正の違いとは?

2023/10/03

歯並びの悩みを持つ人にとって、歯列矯正は身近なテーマです。最近では、インビザラインという機器を使った歯列矯正が注目を集めています。しかし、従来の歯列矯正と何が違うのでしょうか?この記事では、インビザラインと従来の歯列矯正との違いについて解説します。知って得する情報をご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

    歯列矯正とは?

    歯列矯正とは、歯並びや噛み合わせの異常を治療し、美しい歯並びを目指す治療法です。審美歯科で行われることが多く、個々の患者さんに合わせた歯列矯正装置(ブラケット、ワイヤー、リテーナー等)を使って、歯や顎の形を変えていきます。 歯列矯正には大きく分けて、固定式矯正装置と取り外し式矯正装置があります。固定式矯正装置は、名前の通り歯に取り付けられ、矯正歯科医が定期的に調整を行います。一方、取り外し式矯正装置は、マウスピースのようなものを入れることで、歯を移動させます。 歯列矯正は、見た目の美しさだけでなく、噛み合わせの異常による口腔内トラブルの予防にもつながります。また、歯並びを整えることで歯磨きのしやすさが増し、虫歯や歯周病などの予防にもなります。 ただし、歯列矯正は治療期間が長く、定期的な調整や過度な力を加えることで痛みや歯肉炎などのトラブルが起こることもあるため、矯正歯科医との相談が重要です。 歯列矯正は美しい歯並びを目指すための治療法ですが、口腔内の健康を保つためにも適切な方法で行う必要があります。

    インビザラインとは?

    近年、審美歯科の分野において、矯正方法として注目を集めているのが、インビザラインです。インビザラインは、透明なマウスピースを歯科医師がカスタマイズし、歯列を徐々に変形させていく方法です。 従来の矯正と異なり、金属のブラケットやワイヤーを歯につけるものではなく、目立たず、かつ取り外しができるため、口内環境の清潔さを保つことができます。また、痛みを感じることや、食事制限を受けることもありません。 インビザラインは、歯列矯正を希望する患者さんにとって、快適かつ自然な方法と言えます。特に、社会人や学生などが通学や勤務先で使用する場合でも、周りに気づかれにくく自然な状態を保つことができます。 ただし、矯正期間は個人差がございますので、歯科医による歯の状態を診断することが重要です。また、治療期間中は、原則として毎日約22時間以上の着用が必要となるため、利用者側の意識も重要となります。 現在、全国各地にインビザラインに特化した歯科医院がありますので、一度相談してみることをおすすめします。変形が進んでいる歯列でも、安心して矯正を行うことができます。

    インビザラインと歯列矯正の違いは?

    インビザラインと歯列矯正は、どちらも歯並びを整えるための治療方法ですが、その違いは何でしょうか。 まず、歯列矯正は、ブラケットを使って歯に力をかけ、歯の位置を変える方法です。歯を引っ張ったり、押し出したりするため、治療期間は1年以上かかることがあります。また、ブラケットが目立つため、見た目が気になる方には不向きかもしれません。 一方、インビザラインは、透明のマウスピースを使って歯を動かす方法です。マウスピースは、毎日変えていくことで、徐々に歯を動かしていきます。ブラケットを使わないため、見た目が気になる方でもノープロブレムです。さらに、マウスピースを外すことができるため、歯磨きがしやすいのもメリットのひとつです。 ただし、インビザラインには、ブラケットを使った歯列矯正に比べ、治療期間が少し長くなることがあります。また、マウスピースを外すことができる分、装置を外すことで治療効果が低下することがあります。そのため、マウスピースから外すことがなるべく少ないように注意する必要があります。 以上のように、インビザラインと歯列矯正にはそれぞれ特徴があります。自分に合った方法を見つけ、美しい歯並びを手に入れましょう。

    医療保険が適用されるのはどちら?

    審美歯科は、歯の形や色などの美しさを追求するための歯科治療分野です。このような治療には、保険が適用される場合とされない場合があります。例えば、虫歯や歯周病の治療などは、保険が適用されますが、歯の美容を目的とする治療には適用されません。 ただし、治療内容によっては、医療保険が適用される場合もあります。例えば、咬合(噛み合わせ)の改善を目的とした治療が、医療保険の適用対象となることがあります。また、審美歯科治療において、かぶせ物や義歯を使用する場合には、医療保険が適用されることがあります。 一方、ホワイトニングやセラミック治療などの美容目的の治療には、医療保険は適用されません。これらの治療は自由診療となり、患者負担となります。 審美歯科治療を検討する際には、治療内容に応じて医療保険の適用を確認することが大切です。また、医療保険が適用される場合でも、患者負担があることを理解し、治療前にしっかりと相談しましょう。

    自分に合った矯正方法を選ぶポイントは?

    歯並びの矯正には、伝統的なマウスピース矯正、ラミネート矯正、クリアアライナーやセラミック矯正など数多くの方法があります。しかし、中でも自分に合った矯正方法を選ぶことが重要です。自分に合った矯正を行うことで、短期間で効果的に歯並びを整えることができます。 自分に合った矯正方法を選ぶポイントは、自分自身がどのような治療に適しているかを知ることが重要です。歯並びの矯正には、年齢、歯並びの状態、周期的な調整の頻度、矯正の長さ、費用などの要素があります。 また、自然と発音が良くなったり、口臭予防にもつながる場合もあるので、矯正には多くのメリットがあります。しかし、治療期間は人によって異なるため、適切なアプローチを選ぶことが肝心です。 自分自身がどのような方法を選ぶべきか分からない場合は、専門家へ相談することが大切です。歯科医が患者さんの歯並びの状態に合わせて、最適な治療法を提案してくれます。必ずしも高額な治療が必要なわけではありません。自分に合った費用対効果の高い矯正を選択することが大切です。治療期間中は、生活習慣の改善や歯磨きにも気を配り、歯並びの美しさを保ちましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。