医療法人むらつ歯科クリニック

矯正歯科治療中の体調不良、吐き気の原因と対処法

24時間 LINE 相談&受付

矯正歯科治療中の体調不良、吐き気の原因と対処法

矯正歯科治療中の体調不良、吐き気の原因と対処法

2023/10/08

矯正歯科治療は、歯並びを改善し健やかな歯並びを手に入れるための有効な方法です。しかし、治療中に体調不良を感じることもあります。特に、吐き気という症状が現れる場合は、患者さんにとって不快な経験となります。そこで本記事では、矯正歯科治療中に体調不良や吐き気が起こる原因と対処法について紹介します。治療期間中に安心して治療を受けるための情報を提供します。

目次

    矯正歯科治療中の体調不良とは

    矯正歯科治療中に体調不良を感じる場合があります。例えば、金属アレルギーを持つ方は、矯正装置の金属に反応して皮膚炎を引き起こすことがあります。また、矯正装置が歯茎や口の中にあたり、炎症や痛みを引き起こすこともあります。さらに、矯正装置が食べ物の噛み合わせを妨げることで、食べ物が胃への消化が悪くなる場合もあります。 さらに、矯正歯科治療中は、歯の移動に伴って歯茎や神経に圧迫がかかるため、歯痛や歯肉炎、痺れのような症状が現れる場合があります。これらの症状は、時間がたてば治まることが多いですが、症状が続く場合は矯正医に相談することが必要です。 最近では、矯正治療に対する悪影響を最小限に抑えるセルフケアが重要視されています。矯正装置の清掃や、食事の改善、マウスピースなどのデバイスの使用などが挙げられます。もし、体調不良を感じた場合は、矯正歯科医院に相談することが望ましいでしょう。医院側も、治療に関する丁寧な説明やケア指導を行い、患者さんがより快適で正確な治療を受けられるよう支援しています。

    吐き気の原因は何か

    吐き気の原因はいくつかありますが、歯医者に行く時に感じる吐き気の主な原因は不安や恐怖感です。歯医者に行くことが苦手な人は、歯科医院の雰囲気や医療機器が気になって、自律神経が乱れてしまうことがあります。その結果、吐き気を感じることが多くなります。また、歯科治療中の音や匂いも吐き気の原因になることがあります。 さらに、歯科治療に用いられる薬剤によっても吐き気を感じることがあります。例えば、局所麻酔剤や苦味剤が含まれた口腔洗浄剤などが原因になることがあります。 歯医者に行く前に不安や緊張感を感じる人は、予約の前に医師やスタッフに相談すると良いでしょう。また、歯科治療中に気分が悪くなった場合には、すぐにスタッフに伝えることが大切です。吐き気を我慢して治療を続けることは、逆効果になる可能性があります。 歯医者での治療中に吐き気を感じることが多い場合には、専門家の指導を受けたり、自分なりの対策を考えたりすることが大切です。ストレスフリーな歯科治療を受けることが、健康的な歯と口腔の維持につながります。

    対処法①:治療開始前の準備

    歯の治療は、患者様にとって身体的な負担が大きいものです。そのため、治療の前に準備をしっかりと行うことが大切です。歯科医院では、患者様に安心して治療を受けていただけるよう、以下のような対処法がとられます。 まず、患者様のカルテを作成します。これには、歯の状態を調べるためのレントゲン写真や、歯周病や虫歯の度合いを測定するための測定機器の使用などが含まれます。その後、患者様に必要な治療や手順について説明を行います。治療の種類や期間、治療費用なども提示され、患者様には納得の上で治療を開始することができます。 次に、治療に必要な道具類の準備が行われます。治療にはドリルなどの機器や、レジンやセラミックなどの材料が必要です。これらは、衛生基準に則って管理されており、患者様に安心して治療を受けていただくことができます。 最後に、治療の前に患者様が安心してリラックスできるよう、施設の環境を整えます。歯科医院では、リラックスできるような温かい受付や待合室、キッズスペースが整備されています。また、治療中の痛みの軽減のために、麻酔や鎮静剤などが使用される場合もあります。 以上のような細かな準備が整ったうえで、治療はスムーズに進行し、安心して治療を受けていただくことができます。歯科医院では、患者様にとって安心で快適な空間づくりを心がけています。

    対処法②:治療中の対策

    歯医者での治療中に発生する問題には、歯の痛みや歯茎の腫れなどが挙げられます。こうした問題に対する対処法として、治療中の対策があります。 まずは、治療中に痛みを感じた場合はできるだけ早く歯医者に受診することが大切です。歯の神経が刺激されている場合には、神経麻酔などの治療が必要となります。 また、治療中に食べ物が歯に詰まってしまった場合には、歯医者に相談してから歯をかじることを止めることが重要です。詰まった食べ物を自分で取ろうとすると、歯にダメージを与える可能性があるためです。 さらに、治療後に腫れや痛みが残る場合には、歯茎の炎症や感染症が原因となっている可能性があります。こうした場合には、歯医者に受診して適切な治療を受けることが必要です。 以上のように、歯医者での治療中にはさまざまな問題が発生する可能性があります。しかし、早めの対処法を行うことで、治療中のトラブルを回避することができます。

    対処法③:専門医に相談する

    歯のトラブルが起こった時、自分で対処することもできますが、専門医に相談することも重要です。歯医者は歯に関する専門家であり、専門知識や技術を持っているため、より適切な治療やアドバイスを提供してくれます。 自分でできる範囲の対処とは限らず、重度の痛みや出血、腫れなどがある場合は、すぐに歯医者に相談することをお勧めします。また、歯の変色や歯周病、虫歯なども専門医に相談することで、早期発見・早期治療ができるため、より症状が進行する前に対処することができます。 歯医者への相談には、診察や治療のみならず、アフターケアや予防法のアドバイスも含まれます。歯ブラシや歯磨き粉、フロスなどの選び方や、食事の注意点なども教えてもらえるため、より健康的な歯を保つことができます。 自分で悩まずに歯医者に相談することで、より適切なアドバイスや治療を受けることができます。歯は健康と美容の両方につながっていますので、歯のトラブルがあった場合は、早めに専門医に相談することをお勧めします。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。