医療法人むらつ歯科クリニック

歯周病治療の最新技術!フラップ手術について解説

24時間 LINE 相談&受付

歯周病治療の最新技術!フラップ手術について解説

歯周病治療の最新技術!フラップ手術について解説

2023/10/12

歯周病は、放置すると歯を失う原因になる重大な疾患です。歯周病治療には、歯周病の進行度合いや症状に応じて、様々な方法があります。その中でも、最新の技術と言われるフラップ手術という治療法について解説していきます。この手術は、歯周病によって失われた歯肉や骨を再生することで、患者さんの歯を守ることができるとされています。歯周病治療の最新技術であるフラップ手術について、詳しくご紹介します。

目次

    歯周病とは

    歯周病とは、歯肉や歯列周辺の組織に炎症が起こる口腔内の病気の総称です。歯周病には、歯肉炎と歯周炎の二つがあります。歯肉炎は、歯肉が腫れたり、出血が起こったりする病気で、歯垢や歯石の蓄積が原因とされています。歯周炎は、歯肉炎が進行し、歯茎の下にある歯槽骨が破壊される病気で、歯が抜ける原因にもなります。歯周病は、正常な歯周組織が破壊され、細菌が繁殖した結果、体内に毒素が放出されることで、全身の健康にも影響を及ぼすことがあります。喫煙や血糖値の高い糖尿病、ストレスなどの生活習慣病が歯周病のリスクを高めます。予防法としては、適切な歯みがき、歯科医師の受診、タバコの禁煙、血糖値の正常化などが挙げられます。歯周病を防ぐことは、健康な口腔内を維持するために欠かせないことです。

    フラップ手術とは

    フラップ手術とはというタイトルは、医療業界において使用される言葉です。フラップ手術は、皮膚を切開し、下にある筋肉や脂肪と一緒に持ち上げ、皮膚を被せて傷口を閉じる手術のことです。この手術は、様々な目的で使用されます。例えば、がんの摘出部位の再建や、皮膚の欠損を補うために行うことがあります。また、故障した手や足の骨や軟部組織を修復する手段としても有用です。一般的には、フラップ手術は安全で有効な手術であり、多くの場合、手術後の回復も比較的早いです。ただし、手術にはいくつかのリスクが伴うため、必ず専門医に相談し、自己判断せずに進めていくことが大切です。

    フラップ手術の流れ

    フラップ手術は、歯周病などにより歯茎や歯槽骨の形態が変化してしまった場合、再生医療によって歯茎を再生させる治療法です。では、フラップ手術の流れを見ていきましょう。 まず、歯茎の下に鎮静剤を注射し、患部を麻痺させます。その後、歯茎に大小に切れ目を入れ、歯槽骨の状態を確認します。その後、歯茎を剥離して、その内側に薄い膜を作ります。この膜は、再生医療によって歯茎を再生するために必要なものです。 薄膜ができたら、血液をかき混ぜ、新しい歯茎の形成を促す成長因子を含むプレートレットリッチプラズマ(PRP)を混ぜ合わせます。そしてPRPを薄膜と歯茎の中に注入し、歯茎を縫合します。 フラップ手術後は、直接歯茎に圧力が加わらないようにするために、柔らかい食べ物を食べるように注意する必要があります。また、傷口が治癒するまで、歯磨きも控えめに行う必要があります。 以上、フラップ手術の流れについてご紹介しました。近年、再生医療の技術が進歩しており、フラップ手術の成功率が高まっています。歯周病などでお悩みの方は、専門医にご相談ください。

    フラップ手術のリスク

    フラップ手術は、組織や皮膚の再建を目的として行われる手術の一つです。しかし、この手術には一定のリスクが伴います。一般的なリスクとしては、手術中の出血や麻酔によるトラブル、手術後の感染症、術後の痛みや腫れなどが挙げられます。 また、フラップ手術は、ドナー部位(皮膚や筋肉など)から皮膚を取り出すため、ドナー部位にもリスクがあります。例えば、ドナー部位を切開することで、神経や血管を傷つける可能性があります。また、ドナー部位が感染してしまうと、重篤な合併症を引き起こすこともあります。 さらに、フラップ手術には、手術が成功するかどうかの予測が難しいというリスクもあります。手術自体が成功しても、治癒が遅れたり、再手術が必要になったりすることがあります。また、フラップ手術は、手術が完了しても傷跡が残るため、美容的な問題も起こる場合があります。 フラップ手術を受ける場合は、必ずリスクや合併症について医師と十分に話し合い、リスクを最小限に抑えるための準備をしっかりと行うことが重要です。しかし、フラップ手術は、必要な場合には重要な手段となることがあります。専門的な医師による適切な手術を受けることが、治療の成功につながるため、過度な不安や心配はせずに、医師と共に治療を進めていくことが大切です。

    フラップ手術後のケアと注意点

    フラップ手術は、皮膚や筋肉を移植して様々な治療に用いられます。手術後のケアと注意点について、まず重要なのは術後の経過観察です。手術部位が腫れ、痛みや赤み、腫れ、発熱などの症状がある場合はすぐに医師に相談しましょう。また、手術部位が乾燥しないように保湿をしっかりと行うことも大切です。ただし、手術から2週間は水に触れないように注意が必要です。手術部位と周囲の皮膚は清潔に保ち、感染を予防しましょう。また、切開部位に負荷がかからないように、重い荷物を持ったり、激しい運動をすることは避けましょう。手術後にできるだけ早く、通常の生活に戻れるように、医師の指示に従って正しいケアを行い、十分な休養をとることが必要です。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。