医療法人むらつ歯科クリニック

矯正歯科で話題のインビザラインとは?無痛矯正で理想の歯並びを手に入れよう

24時間 LINE 相談&受付

矯正歯科で話題のインビザラインとは?無痛矯正で理想の歯並びを手に入れよう

矯正歯科で話題のインビザラインとは?無痛矯正で理想の歯並びを手に入れよう

2023/10/14

歯並びを気にしている方にとって、矯正歯科は魅力的な選択肢のひとつです。しかし、従来の矯正治療では、金属のブラケットを歯に装着するため、見た目やケア面での不便さがありました。そこで、最近注目されているのがインビザラインという治療法。こちらは、透明なマウスピースを装着して歯を矯正するため、見た目も違和感もほとんどなく、痛みも少ないという特徴があります。今回は、そんな“無痛矯正”ともいえるインビザラインについてご紹介します。

目次

    矯正歯科で注目のインビザラインとは?

    矯正歯科で注目を集める補綴療法の一つが、インビザラインです。従来の矯正装置と異なり、透明なマウスピースを使用することで、ほとんど目立たない矯正法です。また、マウスピースを取り外すことができるため、歯磨きや食事の際にも邪魔になりません。 インビザラインは、歯並びの改善だけではなく、歯の噛み合わせを正常に戻す効果もあります。さらに、個人に合わせて作られるため、装着感が良く、痛みも少なく快適に治療が行えます。 治療期間は患者個人によって異なりますが、通常は1年程度の期間で完了します。また、治療終了後もマウスピースを使用し続けることで、効果を維持することができます。 ただし、インビザラインにも欠点があります。重度の歯並びの場合は、従来の装置がより効果的である場合があります。また、マウスピースを取り外すことができるため、歯を動かすための力が弱めになることがあり、治療期間が若干長くなることがあります。 矯正歯科治療には、様々な方法がありますが、インビザラインはその中でも注目される方法の一つです。ただし、治療法には個人差があり、患者本人と歯科医師との相談が必要です。

    インビザラインと従来の矯正方法の違いは?

    インビザラインは、透明なプラスチック製のマウスピースを使用する矯正方法であり、従来の矯正方法とは大きく異なります。従来の矯正方法では、金属製のブラケットやワイヤーを歯に取り付け、力をかけて歯を動かす方法でした。インビザラインでは、歯型を取得し、その歯型に合わせた透明なマウスピースを作成し、歯を徐々に動かす力をかけて歯列を整えます。このため、従来の矯正方法と比較して、見た目が自然であることが大きなメリットとされます。また、矯正装置の取り付けや外しも容易で、清潔に保ちやすいという利点もあります。ただし、歯並びの正確な矯正には、矯正装置を定期的に調整する必要があります。従来の矯正方法に比べ、治療期間が長くかかることもあるため、治療計画をしっかりと立てる必要があります。

    インビザラインは無痛矯正なの?

    インビザラインは、ほかの矯正治療と比べて、比較的痛みが少ないとされています。しかし、無痛というわけではありません。 矯正治療中、歯の動きによっては一時的に痛みを感じることがあります。インビザラインでも同様に痛みを感じることがありますが、矯正装置が金属製のものと比べて圧迫感が少なく、優しく歯を動かすことができるため、痛みが少ないと感じられる場合があります。 しかし、矯正装置の取り外しや装着時に歯や歯茎に圧迫がかかることがあり、痛みを感じることもあります。また、むし歯や歯周病の治療が必要だった場合、その治療によっても痛みが生じることがあります。 矯正治療は一定の期間が必要であり、それに伴って一時的に痛みを感じることがあるのは避けられません。しかし、インビザラインは優しく歯を動かすことができるため、その痛みは軽減される場合があります。

    どんな方におすすめの矯正方法なの?

    歯並びが気になる方にとって、矯正治療は一度は検討したい治療方法の1つです。しかし、矯正治療には様々な種類があります。そこで、どんな方におすすめの矯正方法なのか、ご紹介します。 歯並びが気になる方、特に前歯が出ている方には、歯列矯正がおすすめです。歯列矯正は、装置をつけて歯を徐々に移動させる方法で、治療期間は約2年程度です。 歯列矯正ができない方には、マウスピース矯正がおすすめです。マウスピース矯正は、マウスピースをはめて歯を移動させる方法で、装置をつける必要がなく、治療期間は数ヶ月程度です。 また、歯並びだけでなく、咬み合わせが合わない方には、矯正治療と合わせて歯科矯正外科治療がおすすめです。歯科矯正外科治療は、顎の骨を切って移動させる方法で、治療期間は約1年程度です。 以上のように、どんな方におすすめの矯正方法なのかは、歯並びや咬み合わせの状態によって異なります。自分に合った矯正方法を選ぶためには、まずは歯科医師に相談してみることをおすすめします。

    インビザラインで矯正するまでの具体的な流れは?

    インビザラインは、透明のマウスピースを使って歯列矯正を行う方法です。矯正するまでの流れは、以下の通りです。 まず、矯正が必要かどうかを歯科医師に相談します。歯の状態を確認し、矯正が必要な場合は、初回の診察が行われます。 初回の診察では、写真やレントゲンを撮影し、矯正の必要性と治療期間を確認します。この時点で、治療の費用も提示されます。 次に、マウスピースの作製に入ります。歯型を取り、専用のソフトウェアで治療計画を立てます。この時点で、治療期間や結果が予測できます。マウスピースは、この治療計画に基づいて作製されます。 マウスピースができたら、歯科医師と患者との間でマウスピースの試着が行われます。適合性を確認し、どのように使用するかを説明します。 治療期間中、2〜4週間ごとにマウスピースを交換します。透明で取り外し可能であるため、普段の生活や食事に支障はありません。定期的に歯科医師に通院し、歯の状態を確認しながら治療を進めます。 治療期間が終わったら、リテーナーという装置を使って、歯の移動を固定化します。リテーナーを使うことで、治療期間中に達成した歯列の美容や機能を維持することができます。 以上が、インビザラインによる歯列矯正の具体的な流れです。歯医者に相談して、美しい歯並びを手に入れましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。