医療法人むらつ歯科クリニック

歯科医師が教える!虫歯治療で大切なこと

24時間 LINE 相談&受付

歯科医師が教える!虫歯治療で大切なこと

歯科医師が教える!虫歯治療で大切なこと

2023/10/31

歯の健康にとって大切なのは、虫歯予防です。しかし、虫歯を発症してしまった場合、治療が必要となります。そこで、今回は歯科医師が虫歯治療において大切なことを教えます。正しい治療方法や注意すべき点を押さえ、虫歯治療をスムーズに進めましょう。

目次

    虫歯治療で避けたい行動

    虫歯は、歯を溶かす細菌の作用によって発生します。治療を行わない場合、虫歯は進行し、痛みや口臭、歯の抜歯などの深刻な問題を引き起こすことがあります。しかし、虫歯治療でも患者自身の行動が重要です。以下は、虫歯治療で避けたい行動についての説明です。 まず、虫歯治療中に口を動かし過ぎることは避けましょう。治療中に口が動くと、歯科医師が治療しにくくなります。また、治療後の痛みや腫れが引き起こされる原因にもなります。 次に、治療後に食べ物や水を摂ることも避けたい行動のひとつです。治療後は、歯にかかる負荷が大きくなるため、口内のスペースが狭くなります。そのため、噛み合わせがうまく機能しなくなる可能性があります。飲食物を摂る際には、少し待ってから摂るようにしましょう。 最後に、治療箇所を触ったり触れたりすることも避けたい行動のひとつです。治療後は、歯が傷んでいるためエステ、マッサージ、冷やしたりする行為はやめましょう。歯が弱っているため、それらの行為で歯の急激な減少が見られる可能性があるため、注意しましょう。 虫歯治療後、患者の行動が重要です。歯科医師から指示された行動をきちんと守り、期待される治療の結果を得るようにしましょう。

    予防のためにできる虫歯対策

    虫歯は、患者の口内に存在する菌が口腔内で糖分を分解して生産する酸により、歯の表面にあるエナメル質が脱灰されることによって発生します。そのため、虫歯対策とは、虫歯を引き起こす菌を制御し、酸脱灰を予防することです。予防のために患者ができることとして、適切な歯磨き、歯間ブラシの使用、定期的な歯科検診があります。また、口内環境を改善することも大切です。例えば、砂糖や炭酸飲料の摂取量を減らすこと、唾液分泌を促すために実感しにくいが噛むことや、フッ素を含む歯磨き剤を使うことも効果的です。最も重要なのは、虫歯を放置せず、早期に治療を受けることです。実際に、虫歯が進行してしまうと、歯を失うことがあるため、毎日のケアと定期的な検診を行うことが大切です。歯科医師は患者の状態に合わせたアドバイスを行うため、虫歯対策についての相談は積極的に行いましょう。

    歯の痛みを我慢せずに歯科医院へ

    歯の痛みは、放置しておくとさらに悪化することがあります。そのため、歯の痛みがある場合は、できるだけ早く歯科医院を受診することをおすすめします。特に、痛みが強くなったり、腫れや熱感がある場合は、より早急な受診が必要です。歯の痛みがあると、食べることや寝ることも困難になります。また、痛みがある状態が続くことで、ストレスやイライラ感などの精神的な不調につながることもあります。歯の痛みがある場合は、我慢せずに歯科医院を受診し、専門家の治療を受けましょう。そうすることで、早期に治療を受けることができ、痛みから解放されるだけでなく、痛みが悪化して削ったり抜歯することになるような状況を予防することができます。

    虫歯治療における歯科医師と患者のコミュニケーションの重要性

    歯科医師と患者のコミュニケーションは、虫歯治療において非常に重要です。歯科医師は細かく状態を説明し、患者の理解を得ることが必要です。 患者側は、主訴や痛みの程度を伝えることが必要です。また、歯科医師の説明を真摯に受け止め、虫歯治療のプロセスに理解を持って取り組む必要があります。 このようなコミュニケーションが不十分だと、虫歯治療の成果は出にくく、また不安を感じることがよくあります。仕上がりに不満を持ったり、もっと早く治療を進めてほしかったという感情が起こることもあります。 よって、歯科医師と患者の信頼関係を構築し、細かな説明をしっかり行い、互いの意思疎通を行いながら治療を進めることが求められます。病状によっては、治療中に痛みが出ることもありますが、しっかりとコミュニケーションを行うことで、安心した治療を受けることができます。

    虫歯治療後のケア方法

    虫歯治療後のケア方法についてご説明します。虫歯治療を受けると、歯の状態が良くなりますが、その後も適切なケアが必要です。まず、治療後は歯ブラシで歯を丁寧に磨くことが重要です。虫歯ができた原因となった食べカスをしっかりと落としましょう。また、歯間ブラシ、フロスを使って歯の隙間をしっかりと清掃することも大切です。歯の表面についた歯垢や、歯の隙間についた食べカスは、雑菌の繁殖原因となるため、定期的に清掃することが大切です。虫歯になりやすい方は、歯の表面をフッ素で保護することもおすすめです。歯磨きをしたあとに、フッ素を塗布することで、歯を強くし、虫歯予防効果が期待できます。また、治療後には、甘いものの摂取を控えることも大切です。甘いものは虫歯の原因となるため、治療後の歯に負担がかかってしまいます。以上のケアをしっかりと行い、定期検診を受けて虫歯の検査を継続することで、健康な歯を維持しましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。