医療法人むらつ歯科クリニック

噛み合わせの不調が治らない?咬合異常とはどんな症状?歯医者がわかりやすく解説!

無料相談はこちら

噛み合わせの不調が治らない?咬合異常とはどんな症状?歯医者がわかりやすく解説!

噛み合わせの不調が治らない?咬合異常とはどんな症状?歯医者がわかりやすく解説!

2023/11/04

皆さんは、普段の食生活やストレスにより噛み合わせの不調を感じたことはありませんか?噛み合わせが合わず、どうにも治らない時もあるかもしれませんね。そんな噛み合わせの不調による症状の一つに咬合異常があります。今回は、この咬合異常とはどのような症状なのか、また歯医者がわかりやすく解説します。

目次

    噛み合わせの不調を感じたら注意!

    噛み合わせがうまく合っていないと、口内の不快感や歯の損傷が生じることがあります。原因となるのは、歯並びの乱れや歯磨き不足による歯垢など、さまざまな要因が挙げられます。 歯医者に通うことで、専門家が適切に噛み合わせを調整してくれます。歯型を計測したり、レントゲン検査を行い、適切な治療方法を提案してくれます。 歯医者に通えば、冷たい飲み物やアイスクリームを食べたときに痛みを感じることも減ります。また、噛み合わせが不調になっていることに気づく前に、予防的な診察を受けることが大切です。歯の健康を保ち、不快感を防ぐためにも、定期的な歯医者の診察を受けることをお勧めします。

    咬合異常とはどんな症状がある?

    歯並びや噛み合わせの不調和は、一般的に咬合異常と呼ばれます。咬合異常が進行すると、顎関節症や歯周病、歯に関する痛みなど、様々な症状を引き起こすことがあります。 まず、歯並びの乱れや歯の欠損がある場合は、奥歯の噛み合わせが悪くなり、食事の際に物が喉に詰まることがあります。また、奥歯の歯周病が進むことで、歯茎からの出血や歯がぐらつくことがあります。 さらに、前歯の噛み合わせが悪い場合は、歯や顎関節に負担がかかり、顎関節症を引き起こすことがあります。顎関節症は、口を開け閉めする際に痛みや違和感を感じることや、口が開かなくなることがあります。 また、歯の咬み合わせが悪い場合、噛みしめるクセがついてしまい、頭痛や肩こりなど全身的な不調につながります。正常な噛み合わせは健康的な口内環境を維持するためにも重要であり、早期に歯医者で治療することが重要です。

    咬合異常が引き起こす歯や口のトラブルとは?

    咬合異常とは、上下の歯が合わさる咬合(かくごう)で、正確に接触していないことを指します。この状態が長く続くと、歯のすり減りや、歯ぎしり、顎関節症、歯並びの乱れ、口臭、頭痛などのトラブルが引き起こされることがあります。特に歯のすり減りは、咬合異常が原因であることが多く、歯の表面が削れたり、歯茎にダメージを与えたりすることがあります。また、顎関節症にも関連があり、咬合異常が原因で顎の開閉がスムーズにできなくなり、関節に負担がかかって痛みが生じます。さらに、歯並びの乱れも咬合異常と関係があり、調整を行わないと、歯磨きがしにくくなることで虫歯や歯周病のリスクが高まります。咬合異常がトラブルを引き起こす前に、定期的な歯科検診を受けることが大切です。

    咬合異常に対する治療方法とは?

    咬合異常は歯のかみ合わせが不正な状態を指します。咬合異常が放置されると、歯並びの歪み、食いしばり、顎関節症、歯ぎしりなどの原因となります。咬合異常の治療方法は、症状の程度により異なりますが、保護的な治療、矯正治療、手術治療があります。 歯の表面にカスタムメイドのマウスガードを使い、咬合を正常にする保護的な治療もあります。また、進行度の高い咬合異常は、矯正治療が必要です。メタルブラケット、セラミックブラケット、矯正装置などが用いられます。 咬合異常によって発生した顎の骨の異常まで進行してしまった場合には、手術治療が必要となります。この場合は、顎骨を切ったり形を変えたりして矯正することが行われます。 症状に応じて治療方法を選ぶことが大切です。専門的な知識を持った歯科医師の助けを借りながら、咬合異常に向き合うことで、健康的な歯と口内環境を保っていきましょう。

    しっかり治療して快適な噛み合わせを取り戻そう!

    歯のトラブルは、人間にとって非常にストレスの要因となるものです。歯に何らかの問題がある場合は、口の中が痛くなったり、噛み合わせが悪くなったりすることがあります。しかし、歯医者でしっかりと治療をすることで、快適な噛み合わせを取り戻すことができます。 歯を丁寧に正確に診断して、それぞれのトラブルに合わせた治療をすることが大切です。例えば、歯の欠損や歯周病、虫歯といった症状に対しては、それぞれに対応した治療を実施することで、口の中を安定させることができます。また、顎関節症といった症状に対しては、歯科治療により症状を緩和することができます。 噛み合わせが悪くなってしまうと、咀嚼力が弱くなり、口内環境の悪化や、身体の不調を引き起こすことがあります。ですから、定期的に歯医者に通い、口の中を定期的にチェックすることが重要です。早期発見、早期治療で、より快適な噛み合わせを取り戻し、健康な身体を維持しましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。