医療法人むらつ歯科クリニック

矯正歯科で理想の歯並びに! 歯列矯正の種類と注意点を解説

無料相談はこちら

矯正歯科で理想の歯並びに! 歯列矯正の種類と注意点を解説

矯正歯科で理想の歯並びに! 歯列矯正の種類と注意点を解説

2023/11/25

美しい歯並びは、誰もが憧れるものですが、生まれつきの歯並びが悪かったり、歯の成長に合わせて歯並びが乱れたりすることもあります。そんなときには、矯正歯科を活用しましょう。本記事では、歯列矯正の種類や注意点などについて解説します。自分に合った矯正方法を選び、理想の歯並びを手に入れましょう。

目次

    矯正歯科とは

    矯正歯科は、歯科の分野の一つで、歯並びや噛み合わせを調整する治療法です。歯列不正や口腔内の骨格の変形、咬合異常などを改善することで、見た目の美しさや機能性の向上を図ります。 矯正歯科には、歯の位置を調整するマウスピースタイプの矯正装置や、歯列を動かして調整する矯正装置(ブラケット装置)があります。最近では、透明で目立ちにくいマウスピースタイプが多く採用されています。また、矯正治療は、子どもから大人まで幅広い年齢層で受けられます。ただし、歯並びの状態や治療法の選択は個人差があるため、専門家である歯科医師と十分な相談をすることが大切です。治療期間は、症状や治療法によって異なりますが、一般的には1〜2年程度が必要となる場合が多いです。継続的なメンテナンスなども大切で、定期的な検診が必要です。矯正歯科によって、歯の健康や美しさを取り戻すことができますので、歯の悩みや症状がある場合は、早めに専門医を受診しましょう。

    歯列矯正の種類

    歯の並びを正しくするための歯列矯正は、歯医者の治療の一つとして広く受け入れられています。歯列矯正の種類には、矯正歯科医による各患者の特徴に合わせた個別の治療が必要ですが、一般的には以下のような種類があります。 一般的なブラケットとワイヤー矯正は、歯に取り付けたブラケットをワイヤーでつないで、歯を引っ張って動かす方法です。また、インビザラインと呼ばれる透明なプラスチックフィルムを使用する矯正治療もあります。この方法は目立たず、取り外しも容易であるため、多くの人に人気があります。 歯列矯正の治療期間は、患者の状態によって異なりますが、最も一般的な矯正期間は1年から2年間です。治療が終了すると、継続的なリテンションケアが必要となります。 歯列矯正の種類にはいくつかありますが、どの方法を選ぶにしても、矯正歯科医に相談し、専門家のアドバイスを受けることが重要です。また、患者自身が矯正治療を継続することが、最終的な成功につながります。

    金属装置とセラミック装置の違い

    歯医者にとって、歯の治療に使用する材料として金属装置とセラミック装置があります。これらの装置には何が違うのでしょうか? 金属装置は、ステンレス鋼やチタンなどの金属から作られています。強度が高く、取り付けや調整が容易なため、治療期間が短くなります。ただし、色が金属色で目立ってしまうため、見た目が気になる人にはあまり向いていません。 一方、セラミック装置は、歯と同じような色の陶磁器から作られています。自然な見た目であり、他人に装置がついていることが分からないほどです。しかし、強度や耐久性が金属装置よりも劣り、取り付けに特殊な技術と時間が必要なため、治療期間が長くなる場合があります。 このように、金属装置とセラミック装置にはそれぞれ特徴があります。治療目的や患者の希望に合わせて選択することが重要です。歯医者がしっかりとカウンセリングを行い、最適な装置を提供することが求められます。

    矯正治療の注意点

    歯の矯正治療を行う際には、注意点があります。まず、矯正治療は、歯の動きを制御するため、それに適した力をかけることが必要です。そのため、治療期間中は、特別に注意して食事をし、硬いものや噛み切りにくいものは避けるようにしましょう。また、ガムを噛んだり、硬いキャンディーなどを食べてしまうと、矯正装置に悪影響が及ぶこともあります。 さらに、矯正治療中は、歯磨きも大変重要です。矯正装置と歯の間に食べかすがたまることがありますので、一日に数回、歯ブラシとフロスを用いて丁寧に歯磨きをしてください。 治療を通じて、歯並びが改善されることは大変嬉しいことですが、治療期間中は、患者さん自身も注意をしなければなりません。治療終了後は、定期的なメンテナンスが必要となりますので、歯医者さんとの定期的な相談も大切です。

    治療後の歯のケア方法

    治療後の歯のケア方法はとても重要です。歯医者から受けた治療後、口の中は傷んでいるため、特別な注意が必要となります。治療後に歯を傷めたり、更なる問題を引き起こしたくないので、少しの注意で済ませましょう。 歯医者からの指示に従い、担当医から勧められた歯ブラシやうがい薬を使用してください。また、処方された薬を定期的に服用することも大切です。しばらくの間、硬いものや粘り気のあるものを避け、柔らかく優しい食事に切り替えましょう。また、アルコールやタバコは避け、水分を十分に摂ってください。 治療直後に痛みや腫れを感じることがあります。この場合、歯医者に連絡し、応急処置を受けることが大切です。治療後に正しいケアを怠れば、歯の感染や虫歯、歯周病など、様々な問題を引き起こす可能性があります。 治療後の歯のケア方法をしっかり守って、健康的な口内環境を保ちましょう。そして、問題が発生した場合には、迅速且つ正確に対処することが大切です。歯医者との連絡を大切にし、定期的な歯科検診を受け、健康な歯と口を維持しましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。