医療法人むらつ歯科クリニック

小児矯正の基礎知識とメリット・注意点

無料相談はこちら

小児矯正の基礎知識とメリット・注意点

小児矯正の基礎知識とメリット・注意点

2023/09/26

小児矯正とは、歯や顎の形を整える治療法のことです。この治療を行うことで、子どもたちの矯正歯科的治療期間を短縮し、将来的な歯並びの改善や、歯や口腔内のトラブルを未然に防ぐことができます。ここでは、小児矯正の基礎知識や、そのメリット・注意点について解説していきます。

目次

    小児矯正とは?

    小児矯正とは、歯並びの悪さを改善するための治療方法です。歯並びが悪くなる原因には、口呼吸や指しゃぶり、遺伝的要因などがあります。小児矯正は、子どもの成長に合わせて歯を動かすことで、正しい咬合を取り戻し、健康な口腔環境を作ることを目的としています。 小児矯正には、見た目の美しさや自信をつける効果だけではなく、歯並びが正しいことで、食べ物を噛む力が増し、消化・栄養吸収も改善されます。さらに成長期における骨格や筋肉の成長にも影響を与え、将来の歯並びの悪化や、歯周病、虫歯、そして歯や口腔周囲のけがや病気のリスクを低下させることができます。 小児矯正は、患者によって異なる症状や程度があり、矯正器具や期間も様々です。一般的には、永久歯が生え始める7~8歳頃から始めることが推奨されています。矯正期間は、症状の程度や矯正器具の種類によって変わりますが、1〜3年程度が一般的です。 小児矯正は、歯並びの改善や健康な口腔環境を作るための重要な治療方法です。お子様の歯並びが気になる場合は、歯科医師に相談してみることをおすすめします。

    小児矯正のメリット

    小児矯正を受けることには、様々なメリットがあります。まず、小児期に矯正を行うことで、将来的に歯並びに関するトラブルを予防することができます。歯並びが悪いまま成長してしまうと、歯への負担が大きくなり、虫歯や歯周病などの病気にかかりやすくなります。また、歯並びが悪いことが原因で口臭や噛み合わせのトラブルが起こることもあります。 さらに、小児期に矯正を行うことで、自信を持って笑顔を見せることができるようになります。歯並びが悪くて自信をなくしている子どもたちは、友達と一緒に写真を撮ることもできず、口を開けずに笑うことが多いです。しかし、小児矯正を受けることで、歯並びが整い、自信を取り戻すことができます。 最後に、小児矯正を受けることで、将来の歯医者通いの回数を減らすことができます。歯並びが整っていない場合、歯の個数が増えるため、歯磨きがしづらくなることがあります。その結果、虫歯や歯周病になりやすく、歯医者に通う回数が増えます。しかし、小児矯正を受けて歯並びを整えることで、歯の磨きやすさが向上し、歯医者に通う回数を減らすこともできます。 以上のように、小児矯正には、将来的に歯のトラブルを予防すること、自信を取り戻すこと、そして歯医者通いの回数を減らすことなど、多くのメリットがあります。そのため、小児期に歯並びの不具合を感じた場合は、早めに歯医者に相談することをおすすめします。

    小児矯正の注意点

    小児矯正は、歯並びの正常な発育を促すために行われます。しかし、子供の口腔内はまだ発達途中であり、むやみに治療を進めると、今後の歯並びや噛み合わせに支障をきたすこともあります。そこで、小児矯正において注意すべきポイントについて紹介します。 まず、子供の成長発達に合わせた施術が必要です。特に乳歯が持つ働きを理解し、その上で治療を進めることが大切です。また、子供の口腔の成長に合わせ、矯正装置の交換や調整を行い、矯正を進めていく必要があります。 次に、子供の心理的なサポートが必要です。小さな子供は不思議や恐怖を感じることが多いため、治療に対する不安を解消し、治療を受けるモチベーションを高めることが大切です。また、歯や口の健康習慣を教え、健康な歯並びを維持することにも力を入れましょう。 最後に、治療効果を最大限に引き出すために、子供と保護者が協力して治療方針を決定し、積極的に治療に取り組むことが大切です。定期的な診察やケアを受けることで、治療効果を維持することが可能です。 以上、小児矯正において注意すべきポイントについて紹介しました。子供の歯並びや噛み合わせの問題に気付いたら、歯科医師に相談し正しい治療を受けましょう。

    小児矯正を行うタイミング

    小児矯正は歯科医療の分野の一つであり、主に成長期の子どもたちの歯並びを整える治療です。小児矯正を行うタイミングとしては、通常は乳歯が全部生え揃った6歳から12歳が最適です。この時期は、大人の歯が生え始める前であるため、まだ歯列が形成されている状態であり、歯の移動が容易に行われるためです。 ただし、個人差があり、歯並びが乱れている場合には早い段階から治療を開始することもあります。例えば、乳歯の落ちる前から歯並びが悪い場合や、指しゃぶりや舐め癖など、悪習慣が原因で歯並びに異常が見られる場合には、早期治療を行うことが推奨されています。 逆に、歯並びが乱れていなくても、保護者や歯科医師が気になる場合には、定期的な歯科検診を受けることが大切です。歯科医師が子どもたちの歯並びや噛み合わせのチェックを行い、必要に応じて治療計画を立てることができます。 総じて、小児矯正を行うタイミングは、子どもたちの歯並びや口腔内の状態を確認し、子どもたちの成長に合わせて柔軟に対応することが大切です。保護者や歯科医師と一緒に歯の健康について考え、早期治療が必要な場合は早期に対応することが、将来の口腔の健康につながっていきます。

    小児矯正の方法と種類

    小児矯正には、歯列矯正や口蓋裂矯正などの種類があります。歯列矯正には、矯正装置を装着する固定矯正と、マウスピース状の取り外し矯正が主な方法として挙げられます。取り外し矯正は、子どもでも扱いやすく、装着時間も少ないため、ブラッシングや食事の際には外すことができます。しかし、矯正具自体が外れやすく、矯正装置を長期間着用する必要がある場合は、固定矯正の方が効果的です。特に、歯の生えかけの子どもの場合は、固定矯正が適しています。また、口蓋裂矯正では、伸長装置を使うことが一般的です。これは、上顎が発達し、進化するように働きかける装置で、使用期間も1年以上に及びます。子どもの歯並びには現在でも多数の問題があるため、早いうちに歯科医師に相談し、適切な矯正方法を選ぶことが大切です。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。