医療法人むらつ歯科クリニック

インプラントの骨形成促進に!生体親和性の高い材料とは?

24時間 LINE 相談&受付

インプラントの骨形成促進に!生体親和性の高い材料とは?

インプラントの骨形成促進に!生体親和性の高い材料とは?

2023/10/07

歯科治療において、インプラントは欠かせない存在となっています。しかし、インプラント手術には、骨の状態によっては十分な固定ができない場合があります。そのため、骨形成促進材料を使った治療が必要となることがあります。また、インプラント手術において、材料の生体親和性も重要になってきます。本記事では、インプラントの骨形成促進において、生体親和性の高い材料について解説します。

目次

    インプラント治療の課題

    インプラント治療は、欠損歯を補うために近年広く実施されている治療法です。一方で、問題点もあります。例えば、高い費用・痛み・治療期間が長い・技術が熟練した歯科医が限られているといった制約があげられます。また、インプラント治療には歯科医と患者さんのコミュニケーションが非常に重要であり、異なる想像をしていたり、治療方法に納得しない場合、トラブルにつながることもあります。 これらの課題に対して、インプラント治療を受ける前に十分な情報収集を行い、治療方針に納得した上で治療を始めることが重要です。また、歯科医とのコミュニケーションも大切で、信頼関係を構築することで、治療成功の可能性を高めることができます。そして、技術は進歩しており、従来よりも治療費用や治療期間を短縮することができるようになってきています。 歯科医師にとっても、インプラント治療は技術が求められ、熟練を要する治療法です。そのため、歯科医師は、常に最新の動向を学び続けることが求められます。最新の発見が製品化されて提供されると同時に、質問・疑問に対して正しい答えを持ち、患者さんに分かりやすく説明することも重要です。 結局のところ、患者さんも歯科医師も、インプラント治療に取り組むにあたっては、治療に関する情報収集やコミュニケーションが大切な鍵となります。それに加え、技術の進歩により、治療費用や治療期間を短縮することができるようになってきたことも、患者さんにとって朗報です。

    生体親和性とは何か?

    生体親和性とは、人体と物質の親和性のことを指します。具体的には、人体内で反応を起こしやすく、かつ副作用が少ない物質のことを指します。歯医者にとっては、生体親和性の高い材料を使用することがとても重要です。例えば、歯の治療や修復に使用される材料は、口の中に長期間留まる必要があるため、口腔内環境に適応し、害を与えないことが求められます。生体親和性が低い材料を使用すると、人体に悪影響を及ぼす恐れがあります。そのため、歯科医は、安心して使用できる高品質の生体親和性の高い素材を選ぶ必要があります。例えば、歯の治療に欠かせない金属材料の場合、金属アレルギーをもつ患者さんもいますが、生体親和性が高いチタンで作られたものを使用することで、アレルギー反応を起こさずに治療を行うことが可能となります。生体親和性が高い材料を使用することで、より高品質の治療が実現し、患者さんの口腔健康を守ることができます。

    オステオインテグレーションとは?

    オステオインテグレーションとは、歯科治療において重要な考え方の一つです。歯科治療で使用されるインプラントの場合、人工歯根が生体組織と同様の骨組織に密着していることが必要となります。このような骨と人工歯根の密着をオステオインテグレーションと呼びます。 オステオインテグレーションの概念は、スウェーデンの歯科医師ペル・アルブレクトセンによって提唱されました。彼は、人工歯根と骨組織の結合を研究し、インプラント治療を発展させることに貢献しました。 現在では、オステオインテグレーションが確立されたことで、インプラント治療が一般的に行われるようになりました。また、高い安全性と信頼性が特徴で、インプラント治療の成功率は非常に高いとされています。 オステオインテグレーションによる骨と人工歯根の密着は、痛みや違和感がなく、自然な噛み心地を実現することができます。また、咀嚼力も回復するため、食べ物がよく噛めるようになるというメリットがあります。 歯科医院で行われるインプラント治療においては、オステオインテグレーションを促進する手法や材料が使用されることがあります。細かな注意を払って治療を行い、患者さんが快適な生活を送れるよう、歯科医師は努めています。

    生体親和性の高い材料とは?

    歯科治療において、生体親和性の高い材料は非常に重要です。生体親和性の高い材料とは、人体に対して適切に反応する材料のことを指します。歯科治療に使用される材料は、口内環境に直接触れることが多く、それによって生体反応を引き起こすことがあります。そのため、生体親和性の高い材料を選ぶことが必要不可欠です。 具体的には、バイオセラミックやチタンなどが挙げられます。バイオセラミックは人工歯根の一部、インレー、アウトレー、クラウンなど様々な治療に使用されます。その特性として、高い生体親和性と耐久性があります。また、チタンも高い生体親和性を持ち、人工歯根やインプラント治療などに使用されます。 一方で、金属アレルギーを持つ患者さんには金属フリーの材料が求められます。最近では、セラミックスやポリマーなどの非金属の材料も歯科治療に使用されています。 生体親和性の高い材料の使用によって、大幅に治療の成功率が向上することが期待されます。歯科医師は、患者さんの状態に合わせた適切な材料を選択し、治療を行っていくことが大切です。

    今後の展望

    歯の健康がますます重要視される中、歯医者業界には今後も需要が見込まれます。特に、高齢化社会の進展に伴い、歯の健康を維持することがますます求められるでしょう。このような環境の中、歯医者は、患者のニーズに柔軟かつ迅速に対応することが求められます。 そして、今後は、歯科技術の進歩によって、より高度な治療が可能になることが予想されます。例えば、歯の再生医療や、虫歯を治す新しい方法が開発されるなど、より効果的な治療が期待されます。 また、新しい技術の導入や、患者のニーズにあわせた治療メニューの提供など、歯医者業界は常に変化する状況にあります。そのため、現在は、歯医者としての技術だけでなく、法律やビジネススキル、コミュニケーション能力など幅広い知識と経験を必要とするようになっています。 これからの時代、より多くの患者の歯の健康を守ることが期待される歯医者。進化し続ける業界において、新しい技術や知識の習得に努め、患者にとって必要とされる存在として、貢献していくことが求められます。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。