医療法人むらつ歯科クリニック

生体親和性・生体認識性が高い!インプラントについて知ろう

無料相談はこちら

生体親和性・生体認識性が高い!インプラントについて知ろう

生体親和性・生体認識性が高い!インプラントについて知ろう

2023/10/07

現代科学技術の進歩により、インプラント技術はますます優れた性能を発揮し、私たちの健康や生活に大きな成果をもたらすようになってきました。その中でも、生体親和性や生体認識性が高いという特徴を持つインプラントは、注目度が高まっています。今回は、そんな生体親和性や生体認識性について理解し、インプラント技術をより深く知っていただくために、詳しく解説していきます。

目次

    生体親和性とは?

    生体親和性とは、人工物や医療材料において、生体内での異物反応を最小限に抑えることを指します。歯科医療において、この生体親和性は非常に重要であり、患者様の健康維持にも直結しています。具体的には、歯科材料やインプラントなどが、体内で認識されて異物反応がおこった場合、免疫系の過剰反応や、材料の劣化・脱落などが起こります。そのため、生体親和性を持つ材料、すなわち体内で自然に扱われることができ、異常な反応が起こりにくい医療材料を使用することが、現代の歯科医療において一般的となっています。歯科医療において、インプラントなどの治療を受ける場合は、医療材料の生体親和性を含め、いろいろな情報を知ることが大切です。また、歯科医師は、そのような情報をお伝えし、患者様とともに最適な治療方針を決定していくことが求められます。

    生体認識性とは?

    歯科医療において、生体認識技術は重要な役割を果たしています。生体認識性とは、人の個人情報を、生体情報として認識し、管理する技術の総称です。歯科医療分野では、患者の歯型、顔写真、指紋などの情報を生体認識技術を用いて管理しています。この技術を用いることで、院内のセキュリティが向上し、顔認証による入口制御や、セキュリティカードなどによる入退室管理などが可能となっています。また、生体認識技術を用いた歯科治療は、正確で安全かつスピーディーな治療を実現することができます。現在、多くの歯科クリニックでは生体認識技術による身体情報管理や治療を導入しています。これからの歯科医療は、生体認識技術の更なる発展に期待されており、より良い治療とセキュリティが確保されることが期待されています。

    どんな種類のインプラントがあるの?

    インプラントは、歯科医療における奇跡の治療法とも言われています。インプラントには、骨に埋め込むエンドオセアス方式と歯肉上に設置するオンレイ方式など、さまざまな種類があります。 エンドオセアス方式のインプラントは、骨に直接埋め込むタイプで、ボルトのような形状をしています。骨と結合しながら、人工歯根となるので、非常にしっかりとしたサポートを提供することができます。 一方で、オンレイ方式のインプラントは、歯肉上にネジのような形状をしたものを設置するタイプです。ボーンイングレイとも言われ、簡単に埋め込むことができ、治療期間も短くなるのが特徴です。 また、プラグドイン方式と呼ばれるインプラントもあります。これは、歯根の穴の中に直接インプラントを設置するもので、骨を切開する必要がなく、ダウンタイムが短くなるなどのメリットがあります。 最近では、さまざまな素材が使用されるようになっており、チタンやセラミックスなどが一般的です。また、手術の際に使用する機器や治療法も進化しており、より安全で効果的なインプラント治療が可能となっています。 歯科医師と相談しながら、患者さんにとって最適なタイプのインプラントを選択することが大切です。

    インプラントのメリットとデメリットは?

    インプラントは、欠損した歯を補うための治療法の一つです。メリットとしては、他の治療法に比べて自然な見た目や使い心地が得られること、健康な歯に負担をかけないことが挙げられます。また、ブリッジや入れ歯と違って、周囲の歯を削る必要がなく、歯の欠損部分を切除する必要もありません。しかし、デメリットとしては、インプラント治療には時間がかかること、大量のお金がかかることがあります。また、手術によるリスクもあるため、事前のしっかりとした検査や、歯医者との十分な相談が必要です。そのため、そのまま口内環境を放置することは大変危険であり、歯周病治療にも十分配慮することが大切です。歯医者と共に、症状や治療の方法・方針などをよく話し合い、治療法を選ぶことが重要です。

    インプラントを入れる際の注意点は?

    インプラントは歯科治療の一環として、歯を失った患者さんに人工の歯根を埋め込む治療法です。しかし、インプラントを入れる際には注意が必要です。 まず、インプラントを入れる前に、患者さんの歯周状態をチェックすることが必要です。歯周病などの炎症がある場合には、インプラントが上手く定着しないために治療を行う必要があります。 また、インプラントを入れる際には、手術が必要なために通常の治療よりもリスクが高くなります。そのため、歯科医師は患者さんの健康状態や手術のリスクについてしっかりと説明することが必要です。 さらに、インプラントを入れた後のメンテナンスも重要です。インプラント周囲のむし歯や歯周病にかかると、インプラント自体が崩壊してしまうこともあるため、定期的なメンテナンスや清掃が必要です。 以上のように、インプラントを入れる際には、患者さんや歯科医師ともに注意が必要です。正しい治療とメンテナンスを行うことで、長く健康な口内を保つことができます。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。