医療法人むらつ歯科クリニック

ダイレクトボンディングで自然な歯並びに!【歯医者の技術解説】

無料相談はこちら

ダイレクトボンディングで自然な歯並びに!【歯医者の技術解説】

ダイレクトボンディングで自然な歯並びに!【歯医者の技術解説】

2023/11/25

歯並びの悩みは多くの人にとって共通の悩みです。特に前歯の隙間や歯の角度が気になって、自信をなくしてしまう人もいます。しかし、最近ではダイレクトボンディングという歯医者の技術が注目されています。実は、この技術を使うことで自然な歯並びを手軽に実現することができるのです。今回は、ダイレクトボンディングについて解説していきます。当院でも得意としている治療であり、天然の歯のような仕上がりになります。

目次

    ダイレクトボンディングとは?

    ダイレクトボンディングとは、歯科治療の一つで、歯の欠けた部分や形体を特別なレジンと呼ばれる詰め物を使って治療する方法です。保険治療でもレジン修復はできますが、、より高度に天然の歯に近づけるための方法として自費で行うダイレクトボンディングが登場し、より美しく、自然な治療が可能になりました。この方法では、歯を削る量も少なく、歯に負担をかけないことが特徴です。治療後も口内環境を改善しやすく、歯の寿命を長くすることもできるとされています。ただ、ダイレクトボンディングは、高い技術が求められるため、熟練した歯科医師との相談が必要です。

    ダイレクトボンディングのメリットとデメリット

    ダイレクトボンディングとは、歯科治療において歯面に接着剤を使って詰め物を取り付ける方法のことです。ダイレクトボンディングのメリットとしては、従来の保険の詰め物治療よりも見た目が美しく、接着力も高いため口内の清潔さを保ちやすいことが挙げられます。また、治療期間が短く、歯の表面を削る必要がないため、歯のダメージが少ないことも大きな利点となっています。 しかし、ダイレクトボンディングにはデメリットもあります。まず、治療にあたって高い技術を要すること。一回の治療時間が長くなること、自費治療であるため保険治療に比べて高額になることです。また、詰め物の場合は、日常的な食事や歯磨きによって少しずつ劣化し、まれに脱落することがあるという欠点があり。 そのため、ダイレクトボンディングを行うにあたっては、歯科医師の指導やケアが必要になります。定期的なチェックアップや適切な歯磨き方法の指導を受け、歯の健康維持に努めることが大切です。

    ダイレクトボンディングの具体的な手順

    歯科治療において、ダイレクトボンディングは正しい手順で行わなければ、最善の結果を得ることはできません。ダイレクトボンディングとは、歯科用接着剤を用いて直接歯に詰め物などをつけることで、歯を保護したり、欠損部を補修したりする方法です。 ダイレクトボンディングの手順は以下のようになります。まず、虫歯の除去や修復箇所の形体を整えます。治療する歯をしっかりと清掃し、一番小さなエアブローで完全に乾燥させます。次に、歯の表面に専用の酸性溶液を塗り、数秒待って洗い流しエナメル質の表面を粗くすることで、接着剤の粘着力を高めます。 その後、接着剤を歯の表面にのせ、詰め物などを固定するための適切な場所に適切な塗り方をする必要があります。この時、UVランプで硬化させます。最後に、欠損部に合わせてレジンを築成し形を整え、見え方を正確に調整します。調整が完了したら、最後に仕上げをするために、はみ出ているところを削り取ります。 ダイレクトボンディングは、無痛の処置方法であるため、患者さんの負担が軽減されると同時に、治療後にも自然な見た目を保つことができます。歯科医師によって適切に使用されると、ダイレクトボンディングは非常に効果的な方法となります。

    ダイレクトボンディングで改善される問題

    歯科治療の中でダイレクトボンディングは、歯面にコンポジットレジンと呼ばれる歯科用の材料を塗布し、それを光で硬化させて、歯の形を整える治療方法です。 ダイレクトボンディングは、従来の治療法に比べ、より高精度かつ自然な仕上がりを実現することができます。また、治療期間が短縮され、歯を温存できるため、歯の強度を保つことができます。 ダイレクトボンディング治療によって、患者様が抱える問題を解決できるケースが多いため、非常に有効な手法と言えます。例えば、変色や欠損のある歯を修復できたり、歯並びを整えたりすることができます。 ただし、ダイレクトボンディング治療は、素人が行うと失敗してしまうことがあるため、熟練した歯科医師が行うことが望ましいです。歯の形状や色、咬み合わせなどを正確に評価し、医師が適切な成形や仕上げを行うことで、より美しく仕上がります。 ダイレクトボンディング治療には、患者様のニーズに合わせた様々なオプションがありますので、歯のお悩みがある方は、その治療法について尋ねてみると良いでしょう。

    ダイレクトボンディングの注意点

    ダイレクトボンディングにも注意点があります。まずダイレクトボンディングは、治療に高い技術が要求されるため、どの歯科医師でもできるというわけではありません。そのため、注意点を把握することが重要です。 まず、ダイレクトボンディングを行う前に、歯の状態を確認しましょう。虫歯や歯周病などがある場合は、治療が必要です。また、歯の色や形状によっては、ダイレクトボンディングができない場合もあります。歯科医師と相談して、適切な方法を選ぶようにしましょう。 次に、ダイレクトボンディングを行う際には、歯の表面をしっかりと清掃し、乾燥させることが大切です。これがしっかりできていないと、接着剤がうまく歯に定着せず、治療成績に影響を与える可能性があります。そのためラバーダムを使用することが必須となります。 さらに、ダイレクトボンディング後の経過管理も大切です。定期的な検査を行い、被せ物の状態を確認することが必要です。また、食事の際に硬いものを噛むなどの負荷を控えることも、長期的な治療成績に繋がります。 以上、ダイレクトボンディングの注意点を簡単にご紹介しました。歯科医療においては、患者さんの状態や希望をしっかりと把握することが大切です。歯科医師とのコミュニケーションを大切にし、適切な治療法によって、美しい歯並びを実現しましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。