医療法人むらつ歯科クリニック

歯の矯正治療において注意することとは?

無料相談はこちら

歯の矯正治療において注意することとは?

歯の矯正治療において注意することとは?

2023/11/27

歯並びの矯正治療は、美しい笑顔を手に入れるために欠かせないものです。しかし、矯正治療には長期間の治療期間が必要となり、また、治療中の注意点を守らなければ効果が現れないこともあります。そこで本記事では、歯の矯正治療における注意点について紹介します。

目次

    歯の矯正治療とは?

    歯の矯正治療とは、正しい歯並びや咬み合わせを取り戻すための治療法です。歯の歯列矯正治療では、歯の不正咬合、過剰咬合、歯間隙を改善するための装置を用いて歯を動かしていきます。異なる歯列矯正方法には、金属ブラケットや透明なセラミックブラケット、舌側矯正装置、インビザラインなどがあります。また、顎顔面矯正治療では、口腔内での形態、機能、美容性の調整を行います。矯正治療には時間がかかり、最大数年間必要になる場合がありますが、正しい歯並びや咬み合わせを取り戻すことは、自信と美しさにつながると考えられています。正しい歯並びは口内清潔にも役立ち、歯の寿命も延ばすことができます。歯の不正咬合や形態異常が気になる場合は歯科医に相談し、最適な治療法について話し合うことをおすすめします。

    矯正治療における注意点1:治療費用の確認

    歯並びの矯正治療を受ける場合、治療費用は高くつくことが多いため、事前に確認することが大切です。特に歯科矯正治療は、長期間の治療となる場合が多く、治療費用の見通しが立てにくいため、注意が必要です。 また、治療内容によっても費用が異なってくるため、自分に合った治療方法を選ぶことも大切です。歯科矯正治療には、矯正器具を使わずに歯列矯正を行うインビザラインや、装置が目立たない裏側矯正など様々な方法があります。自分の生活スタイルや治療目的に合わせて相談し、適切な治療方法を選ぶことが大切です。 さらに、治療後のメンテナンスにも費用がかかることがあります。定期的なメンテナンスを受けることで、治療効果を維持することができます。治療前に費用の確認をし、予算内で治療を進めることができます。治療費用について不明な点があれば、歯医者に相談してみましょう。

    矯正治療における注意点2:治療期間と通院頻度の認識

    歯の矯正治療で、治療期間と通院頻度はとても大切なポイントです。まず、治療期間は人によって異なりますが、平均的には1年半〜2年程度が一般的です。治療期間が短く終わる場合もあれば、逆に長引いてしまうこともあります。そのため、歯医者とのコミュニケーションを大切にし、正確な予測を立てることが必要です。また、通院頻度についても重要です。通院回数が多くなると、治療期間が短縮されることが予想されますが、時間が取れない場合は通院回数を少なくし、予算面を考慮して長期間に分けて治療を受けるという方法もあります。歯の矯正治療は長期的なプロセスであり、治療期間や通院頻度の予定に沿って進めることが重要です。治療前にしっかりと説明を受け、治療について理解を深めることも必要です。

    矯正治療における注意点3:セルフケアの徹底

    歯並びの矯正治療では、定期的な歯科医院での治療だけでなく、患者さん自身がセルフケアに力を入れることが大切です。特にブラケットやワイヤーを使用した矯正治療の場合、歯垢がたまり、歯の周りのむし歯や歯周病になりやすくなります。そのため、以下の点に注意し、徹底したセルフケアを行うことが必要です。 1. 歯磨きの徹底 矯正装置がついた歯は、普段の歯磨きでは隅々まで磨き残しやすくなります。矯正装置にかかわらず、毎食後に歯を磨くように心がけ、歯ブラシやフロスを使ってしっかりと歯垢を取りましょう。 2. 食事の注意 硬いものや粘着性のあるものは矯正装置を壊してしまうため、注意が必要です。また、スナック菓子やジュースのような高カロリーなものも、むし歯や歯周病を引き起こす原因となるので、控えるようにしましょう。 3. 定期的な歯科医院の受診 矯正治療に取り付けたブラケットやワイヤーに対する調整は、歯科医師によって行われるため、定期的に歯科医院を受診することが大切です。しかし、歯科医院での治療だけでなく、患者さん自身が徹底したセルフケアを心がけることで、治療期間を短縮することができます。

    矯正治療における注意点4:食事や生活習慣の見直し

    歯の矯正治療を受ける場合、食事や生活習慣の見直しはとても重要です。まずは、こんなことに気をつけてください。まずは、矯正装置や線状のワイヤーがゆるんでしまったり、外れたりしないように、噛む力を軽減する食事を心がけます。硬いものや、噛み切れないもの、飲み物に注意を払いましょう。また、矯正治療を受ける前に、虫歯や歯周病を治療することも大切です。治療期間中は、歯磨きや口腔ケアにも注意を払い、口内環境を清潔に保ちましょう。また、タバコやアルコール、ストレスなど、生活習慣においても、口腔内に悪影響を与えることがあるので、できるだけ控えるように心がけることが必要です。以上のような注意点に気を付けて、矯正治療をしっかりと受けてください。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。