医療法人むらつ歯科クリニック

インプラント治療の失敗率と原因について徹底解説!歯医者業界の最新トピックス

無料相談はこちら

インプラント治療の失敗率と原因について徹底解説!歯医者業界の最新トピックス

インプラント治療の失敗率と原因について徹底解説!歯医者業界の最新トピックス

2024/02/05

現代の歯科治療では、失った歯を補うためにインプラント治療が人気を集めています。しかし、インプラント治療にも失敗率という問題が存在します。本記事では、インプラント治療の失敗率やその原因などについて解説します。最新のトピックスとして、歯医者業界におけるインプラント治療に関する情報を紹介します。

目次

    インプラント治療とは何か?

    インプラント治療とは、人工歯根を顎骨に埋め込み、そこに人工歯を固定する治療法です。この治療法は、抜けた歯や欠損した歯の代わりに、患者さんに最も自然な歯を提供することができます。また、インプラントは、周囲の歯を傷つけることなく、より適切な咬み合わせを作ることができます。 インプラント治療は、手術を必要としますが、患者さんにとっては、自然な噛み合わせを取り戻し、自信を取り戻すための有用な方法となります。治療の長期間にわたって、正しい手順でインプラントを埋め込むことができれば、神経や骨の傷つきを最小限に抑えることができます。 しかし、インプラント治療は、柔軟性があり、状況に応じて様々な種類のインプラントを使用できることから、治療期間が異なる場合があります。医師と患者さんは、治療法を十分に理解し、最適な治療を行うことが大切です。 歯が抜けてしまうようなトラブルに遭遇した場合は、インプラント治療を検討することもひとつの選択肢となりますので、一度、歯医者さんと相談することが重要です。

    インプラント治療の失敗率とは?

    インプラント治療とは、人工の歯根を顎の骨に埋め込んで歯を支える治療法です。そのため、インプラント治療において最も気になるのが失敗率ではないでしょうか。実際、その失敗率はどの程度なのでしょうか。 失敗率は、患者さんや治療内容の違いによって異なりますが、一般的には5%未満とされています。具体的には、埋入時の感染や、治療途中での骨損傷、咬み合わせの調整不良などが原因となることが多いです。しかし、適切な治療法を用い、患者さんの定期的なメンテナンスをすることで、インプラントの長期見通しは良好とされています。 もしもインプラント治療で失敗が起こってしまった場合は、再治療が必要となります。再治療は、一度失敗した治療から学び、より適切な治療法を用いることが必要です。インプラント治療にはリスクがあるものの、正確なドクターの診断とプライドの高い技術により、高い治療成功率を得ることができます。

    インプラント治療の失敗につながる原因とは?

    インプラント治療は、歯を全く持っていない患者でも自分の歯と同じような機能を取り戻すことができる最も効果的な方法の一つです。しかし、残念ながら治療が失敗することがあります。その原因は多岐にわたりますが、主な原因は、インプラントに関する十分な知識や十分な経験を持たない医師の手で施術されることが挙げられます。また、患者側の口腔衛生への取り組み不足も、治療の失敗につながることがあります。他にも、インプラントに使用される金属が金属アレルギーを起こす患者など個人差もあり得ます。治療が失敗した場合、そこから感染や炎症が起こり、歯周疾患の原因になることもあります。インプラント治療を受ける場合は、信頼できる医師を選び、十分な予防措置を講じることが大切です。 患者自身も、口腔衛生管理や義歯のメンテナンスをしっかり行うことで、より長期にわたってインプラントを健康かつ美しい状態で保つことができます。

    インプラント治療の失敗を防ぐためにできることは?

    インプラント治療は、歯を失った患者さんにとっては有効な治療法ですが、正しく行われなければ失敗する可能性があります。インプラント治療の失敗を防ぐためには、まず信頼できる歯科医院を選ぶことが大切です。医院の選定基準としては、医師の経験や技術力のほか、インプラント治療に特化した設備や治療実績の豊富さが挙げられます。 また、治療前の診査が適切に行われているかも確認することが必要です。診査によって、患者さん自身の歯科衛生状態や顎の骨の密度などを把握し、それに基づいて治療計画を立てることができます。 そのほか、治療中にも患者さん自身が気を付ける点があります。例えば、喫煙やアルコール摂取はインプラントの周りの炎症を引き起こす原因となりますので、控えるようにしてください。また、口腔内の清潔を保つために、歯磨きやフロスなどの歯科衛生用品を使用し、定期的なメンテナンスも欠かさずに受けるようにしましょう。 これらの対策を講じることで、インプラント治療の失敗を防止することができます。しかし、万が一治療に問題が生じた場合には、適切な処置が早期に行われることで、治療自体の失敗だけでなく、患者さんの歯科衛生の維持も図ることができます。

    将来的に改善される可能性のあるインプラント治療の技術とは?

    歯科業界では、患者の口腔内にインプラントを取り付ける治療が一般的に行われています。しかし現在のインプラント治療には、まだ改善の余地があります。 具体的には、現在のインプラントは、人工的な物質を口腔内に取り込むため、周囲の細菌による感染、または過剰な反応やアレルギー反応など、患者にとってのリスクが懸念されます。 そこで、将来的に改善される可能性のあるインプラント治療の技術として注目されるのが、バイオマテリアル技術や細胞工学技術です。これらの技術を用いることで、より生体適合性の高い材料や細胞を用いることができ、正常な自然治癒機能を促進し、患者にとってより安全で効果的な治療を提供することが期待されています。 しかし、これらの技術はまだ研究段階であり、実用化までには時間と努力が必要です。今後の技術の進歩に期待し、患者のニーズに合わせた最適な治療を提供するため、歯科医師たちは一層の研究と開発に取り組んでいくことが求められます。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。