医療法人むらつ歯科クリニック

インプラント失敗と抜去の原因とは? 歯医者業界の専門家に聞く

無料相談はこちら

インプラント失敗と抜去の原因とは? 歯医者業界の専門家に聞く

インプラント失敗と抜去の原因とは? 歯医者業界の専門家に聞く

2024/02/05

歯を失った場合、インプラントが選択肢として考えられますが、稀にインプラントが失敗し、抜去を余儀なくされる場合があります。そこで、今回は歯医者業界の専門家にインプラント失敗と抜去の原因について聞いてみました。どのような原因があるのでしょうか?その答えを探ってみましょう。

目次

    インプラント失敗の原因とは?

    インプラント治療は、失った歯を再生するための一般的な方法です。しかし、インプラント治療が完全に成功しない場合があります。インプラントが失敗する主な原因は、患者の体質や健康状態によるものです。喫煙、糖尿病、免疫不全症、ストレス、および高齢者の症例が、インプラント治療を受ける際にリスク要因として挙げられます。 また、インプラント治療が失敗する原因は、手術時の外力または骨不足のためにインプラントが必要な深度に達しなかった場合もあります。また、骨密度も失敗の要因となる可能性があります。 インプラント治療が失敗した場合、歯医者は患者に対して再度インプラント治療を勧めることがありますが、それが成功するかどうかは、患者の体質や健康状態などにもよるため、慎重に相談する必要があります。

    抜去の必要性が生じる場合とは?

    歯医者の世界でも抜去が必要な場合があります。主に、虫歯が進行し歯が抜け落ちてしまった場合や、歯根病によって歯茎から出血や腫れが起こり痛みが出た場合、その他にも歯並びの矯正のために抜歯が必要となることがあります。 虫歯が進んでしまった歯は、詰め物をすることができる場合もありますが、歯の根が腐っている場合は抜去が必要となることがあります。また、歯根病の場合も治療できる期間を過ぎてしまった場合や、非常に進行してしまった場合は抜去が必要になる場合があります。抜去が適切でない場合、ますます悪化する可能性があるため、歯医者の判断が必要です。 歯の矯正の場合、場合によっては口の中のスペースを確保するために、歯の一部を抜去することがあります。しかし、抜去は行わなくても症状や歯並びの改善が可能な場合もあるため、慎重に判断する必要があります。 以上のように、歯医者では様々な理由で抜去が必要になることがありますが、患者の口の状態を観察し、最善の方法を判断して実行することが求められます。

    再治療の見込みがある失敗例とは?

    歯科治療において、失敗例は避けられないものです。しかし、治療の失敗例には、再治療の見込みがあるものとないものがあります。再治療の見込みがある失敗例とは、以下のようなものが挙げられます。 ・根管治療に失敗した場合:根管治療は高度な技術を要するため、失敗するリスクがあります。しかし、再度根管治療を行うことで、歯を残すことができます。 ・インプラント手術に失敗した場合:インプラントは人工歯根であり、体に合わない場合や手術の不備があった場合、失敗することがあります。しかし、再度手術を行うことで、歯の機能を取り戻すことができます。 ・詰め物が取れた場合:詰め物が取れた際は、再度詰め物をすることで治療を再開することができます。 これらの失敗例に対しては、再度治療を行うことで歯を救うことができるため、焦って歯を抜いたりする必要はありません。しかし、失敗が原因で歯が抜ける場合もあるため、専門の歯医者に相談し、適切な治療を受けることが重要です。

    抜去手術の負担を軽減するためにできること

    抜去手術は、歯を取り除く負荷がかかるため、患者に多大な負担がかかることがあります。しかし、患者の快適な治療を確保するために、歯科医師は幾つかのことができます。 まず、陰圧吸引器を使って、手術中の出血を最小限に抑えることが重要です。血液が局所に貯まることで、腫れや痛みが発生する可能性があります。吸引器を使用することで、手術中の出血を最小限に抑え、患者の負担を減らすことができます。 また、精度の高い手術が必要です。手術中に根の欠けたり、周囲の歯を傷つけたりすることにより、手術後の回復が遅れたり、歯周病のリスクが高まる可能性があります。このため、歯科医師は高度な技術や経験を持った専門家でなければなりません。 最後に、手術後のアフターケアも重要です。患者は、数日間の絶対的な安静が必要です。また、鎮痛剤や消炎剤を処方し、適切な栄養を摂ることが重要です。歯科医師は、患者に適切なケアを提供し、手術後の苦しみを最小限に抑えることができます。 以上のように、患者の負担を軽減するために、歯科医師は陰圧吸引器の使用、高度な技術や経験、そして手術後のアフターケアを提供することが必要です。これにより、患者は安心して手術を受けることができ、スムーズな回復が期待できます。

    インプラント治療での失敗を予防する方法

    インプラント治療の失敗は、歯科医療にとって大きな問題の一つです。治療中の失敗は、治療完了後の患者さんにとって大きなトラブルとなり、医療に対する信頼も低下することになります。インプラント治療での失敗を予防するためには、以下の点に留意する必要があります。 まず、インプラント治療を行う前に、患者さんの健康状態を確認しなければなりません。高血圧や糖尿病、抗凝固剤の服用など、治療に影響を与える可能性がある病歴などは、細かく確認しておく必要があります。 次に、インプラント治療に適切な材料や器具を使用するということも重要です。使用される材料や器具が、きちんとした品質のものであるかどうかをチェックし、リスクを最小限にすることが大切です。 また、治療中には、術者の腕前にも大きく左右されます。熟練の歯科医師が治療を行うことで、失敗のリスクを低減することができます。 また、治療後の患者さん自身の努力も必要です。過度な圧力や負荷をかけず、十分な歯磨きや口内清掃を心がけることで、インプラントの寿命を延ばすことができます。 これらのことを踏まえ、インプラント治療による失敗を予防することが必要です。正確な診断と適切な治療を行うことで、患者さんの歯の健康を守っていきましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。