医療法人むらつ歯科クリニック

インプラントの寿命は何年?歯科医が教える注意点

無料相談はこちら

インプラントの寿命は何年?歯科医が教える注意点

インプラントの寿命は何年?歯科医が教える注意点

2023/09/26

歯科領域において、インプラントは歯の補綴に使われることがあります。インプラント治療を受ける場合、一度インプラントが入れられた場合、寿命について知ることは大変重要です。そこで、この記事では、インプラントの寿命について詳しく解説し、歯科医が注意すべき点についても説明します。

目次

    インプラントの寿命ってどれくらい?

    インプラントは、歯が欠損してしまった場合に代替治療として使用される人工歯根のことです。しかし、インプラントの寿命については患者さんにとって重要なポイントとなります。一般的には、インプラントは寿命があるものではありませんが、正しくメンテナンスされていれば長期的に使うことができます。インプラントは人工の歯根であるため、周囲の骨と一体化することが大切です。そのため、インプラントを装着した後は、定期的なメンテナンスを欠かさないようにしましょう。また、衛生状態にも注意し、適正なブラッシングや定期的な検診を行うことで、インプラントの寿命を延ばすことができます。ただし、個人差があり、病気や外傷によって短い期間でインプラントが失敗することもあります。歯科医師は、患者さんの口内環境や健康状態などを考慮した上で、最適なインプラント治療を提案してくれますので、まずは専門家に相談することが大切です。

    重要なのはお手入れと定期的なメンテナンス

    歯の健康を維持するには、日常的なお手入れと定期的なメンテナンスが不可欠です。歯医者でのチェックアップやクリーニングは、痛みを防ぎ、歯を健康的な状態に保つために重要です。 定期的なクリーニングは、歯肉炎や歯周病を予防するのに役立ちます。歯周病は、歯肉の炎症から始まり、歯の周りの骨を蝕み、最終的に歯を失わせる原因となります。しかし、定期的な歯科検診とプロフェッショナルなクリーニングによって、このような問題を予防し、歯の健康を守ることができます。 また、歯科医師は、虫歯や歯の欠損を早期に発見し、それに対する適切な治療を提供することができます。例えば、虫歯が進行する前に治療を開始することで、歯を救うことができます。 最後に、日常的な歯磨きやフロスは、歯の健康を維持するのに不可欠な要素です。定期的な歯科検診とクリーニングを受けていなくても、一日に2回以上歯を磨くことで、虫歯や歯周病を予防することができます。 総合的に、歯の健康を維持するには、日常的なお手入れと定期的なメンテナンスが欠かせません。歯科医師と協力して、健康な歯を保つために積極的に取り組んでいきましょう。

    痛みや不都合があれば早めに診てもらいましょう

    歯の痛みや不都合がある場合、放置しておくと治療が難しくなったり、重症化する場合があります。そうなる前に、早めに歯医者に診てもらいましょう。 歯の痛みや不都合には、いろいろな原因があります。虫歯、歯周病、歯槽膿漏などの疾患や、歯ぎしり、咬み合わせの不調、抜歯後の状態など、様々な要因が考えられます。 特に虫歯は、放置すると神経まで進行し、自然治癒も期待できなくなることがあります。また、歯周病や歯槽膿漏は、歯だけでなく全身の健康にも悪影響を及ぼすことがあります。 早期発見、早期治療が重要です。歯医者での定期的な検診や歯科治療は、虫歯や歯周病を未然に防ぐことができます。また、歯磨きの仕方や食生活の改善も、歯の健康につながります。 痛みや不都合がある場合、歯医者に相談してみましょう。適切な処置を受けることで、早期に症状が改善し、一層の歯の健康を守ることができます。

    異常が見つかった場合の修理や交換

    歯医者で治療を受けていると、時に異常が見つかることがあります。例えば、治療箇所の歯が抜けたり、痛くなったり、治療箇所の周りに腫れが出たりすることがあります。これらの異常は早急に修理や交換が必要です。 歯医者では、異常が見つかった場合には、その原因を調べ、適切な対処を行います。もし、治療箇所の歯が抜けた場合には、速やかにインプラント治療を行う必要があります。また、痛みや腫れが出た場合には、根管治療や、抗生物質の処方を行うことがあります。 もし、治療が必要な場合には、歯医者のスタッフに相談するようにしましょう。歯医者のスタッフは、異常が見つかった場合には、迅速かつ丁寧に対処を行い、患者さんの歯の健康を守ってくれます。 つまり、歯医者では、異常が見つかった場合には、適切な治療を行い、患者さんの歯の健康を保つために尽力します。患者さんも、定期的な検診を受け、異常が発生した場合には早めに相談するようにすることが大切です。

    歯科医との相談が大切

    歯のトラブルや疼痛に悩む場合、自己流のケアや市販薬で済ませてしまう人もいるかもしれませんが、歯科医との相談が大切です。 歯科医は、専門知識を持ち、患者さんに合った治療法を提供できます。歯の痛みがある場合、その原因を突き止め、根本的な治療を行います。また、口腔内のケアや予防歯科にも精通しており、定期的なメンテナンスについてもアドバイスをもらえます。 市販薬では痛みを和らげることはできても、原因を解消することは難しい場合があります。自己流でケアをしてしまうと、逆に症状が悪化したり、治療が遅れたりすることも考えられます。また、一般の人が知らないような歯の知識や情報もあり、歯科医に相談することで、より適切な治療を受けることができます。 歯科医は、患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。相談すれば、疑問点や不安なことを解消することができます。また、治療に不安がある場合には、丁寧な説明を行い、安心して治療を受けるようにサポートしてくれます。 歯のトラブルに悩んだ場合には、自己流で解決しようとするのではなく、歯科医に相談することをおすすめします。適切な治療を受け、健康な歯を維持しましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。