医療法人むらつ歯科クリニック

歯周病予防に効果的なインプラント技術とは?博多の審美歯科医院が解説

無料相談はこちら

歯周病予防に効果的なインプラント技術とは?博多の審美歯科医院が解説

歯周病予防に効果的なインプラント技術とは?博多の審美歯科医院が解説

2023/10/03

歯周病は、歯周組織の炎症によって引き起こされる病気であり、重症化すると歯を失う原因となります。しかし、最近ではインプラント技術の進歩により、歯周病の予防にも効果があることが分かってきました。博多にある審美歯科医院では、最新のインプラント技術を駆使し、歯周病を予防する治療法を提供しています。ここでは、その効果的なインプラント技術について解説したいと思います。

目次

    歯周病による歯の喪失を防ぐには

    歯周病は歯肉や歯根周囲の炎症が進行する病気で、進行すると歯を支える組織が破壊されて歯が抜け落ちることがあります。歯周病による歯の喪失を防ぐには、日常的な歯磨きや歯ブラシの使い方、歯科医師による適切な治療などが必要です。 日常的な歯磨きは、歯垢を除去することで歯周病を予防するために欠かせません。歯ブラシは、毛先の間に細菌が繁殖しにくいものを選び、歯磨き粉やマウスウォッシュを併用することで効果的に歯垢を除去することができます。 歯科医師による適切な治療は、歯周病の進行を止めるために欠かせません。歯周病の初期段階では、歯肉の炎症を軽減するためのクリーニングや歯石除去などの治療が行われます。しかし、進行した歯周病になると、歯周ポケットに蓄積した汚れを取り除くために歯肉切開手術や歯周病治療のための抗生物質の投与などが必要になることがあります。 歯周病による歯の喪失を防ぐためには、早期の治療と日常的な歯磨きを行い、歯周病の進行を予防することが重要です。審美歯科では、歯周病の治療にも力を入れており、患者様のお口の健康を維持するために専門的なアドバイスや治療を提供しています。

    インプラント治療の良さと歯周病予防について

    インプラント治療は、抜け落ちた歯を補充し、口腔内を美しく保つために重要な方法のひとつです。自然な見た目で、周囲の歯と調和した咬合力を再現できます。また、インプラントを使用することで、歯周病予防にもつながります。 歯周病は、歯茎や歯槽骨の炎症病気です。歯周病に罹患すると、周囲の歯が緩んだり、抜け落ちたりすることがあります。しかし、インプラント治療は、周囲の健康な歯に接触することなく、しっかりと支えることが可能です。そして、人工歯根には、周囲の骨が定着し、真の歯根と同じように機能するため、周囲の骨の維持を促します。 また、インプラントは、普通の歯よりも長持ちし、適切なケアと定期的な歯科医院の診察を受けることで、数十年にわたって使用できます。このため、歯周病や虫歯を予防し、長期的な口腔健康を維持するために、インプラント治療は非常に有効であると言えます。 歯周病予防や、自然な見た目を維持するために、インプラント治療について検討してみることをおすすめします。自然な咬合力や、心地よい口腔環境を実現することができるため、多くの人々に愛されています。

    適切なインプラント手術のポイントとは

    インプラント手術は、永久歯を失った患者さんにとって、自然な噛み合わせを取り戻すための最も有効な方法の一つです。しかし、手術の技術や適切な治療計画が不十分であると、その効果が最大限に発揮されない場合があります。適切なインプラント手術のポイントとは、次の通りです。 まず、患者さんの診断と治療計画を立てることが重要です。患者さんの歯科病歴や現在の噛み合わせ、口腔環境、顎の骨の状態などを調べ、最適な治療方法を探ります。 次に、手術の前には必ず手術前の準備をしっかりと行う必要があります。口内環境整え、抗生物質・鎮痛剤の投与などを行って、手術に備えます。 そして、手術の際には、顎の骨の状態や噛み合わせを確認し、適切なインプラントの形状、長さ、位置を決定することが大切です。 また、手術後の経過観察も非常に重要です。適切な衛生管理や食事の注意、定期的な歯科検診を行い、インプラントの状態を確認しながら、適切なケアを行うことが必要です。 以上のポイントを抑え、患者さんの状態や希望に合わせたインプラント治療を提供することが、審美歯科医の役割となります。

    インプラント治療後の歯周病予防にも注意が必要

    インプラント治療は、ブリッジや入れ歯に比べて歯の健康状態や美しさを保ちやすく、人気があります。しかし、インプラントだからと言って、歯周病から完全に守られるわけではありません。 健康な歯周組織にインプラントを埋め込むことが望ましいため、インプラント治療前には歯周病の治療が必要です。しかし、治療後も歯周病への注意が必要です。定期的な歯科検診や適切な歯磨きが欠かせません。 歯周病は、歯肉や歯根を支える骨が破壊され、歯が抜け落ちる原因にもなります。インプラントにつながり、インプラント自体も失われる可能性があります。したがって、歯周病予防は、インプラント自体の長期的な維持にもつながります。 また、インプラントをする前に直す必要のある不正咬合や歯並びの問題がある場合は、治療前に歯列矯正を受けることをオススメします。歯の並びが悪いと、インプラントの寿命を短くする可能性があるためです。 審美歯科に関することであれば、インプラント装着部位の美しさも重要なポイントのひとつです。歯周病による炎症が起こると、歯肉が腫れて腫れたり、出血することがあります。そうなると、治療後の美しさが損なわれる可能性があります。 インプラント治療後の歯周病予防は、歯の長期的な維持にとって極めて重要です。定期的な歯科検診と適切な歯磨き、そして定期的な歯肉のクリーニングを心がけ、美しく健康な歯を維持しましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。