医療法人むらつ歯科クリニック

話題のインプラント!生体親和性に優れ、生体組織適合性も抜群!

無料相談はこちら

話題のインプラント!生体親和性に優れ、生体組織適合性も抜群!

話題のインプラント!生体親和性に優れ、生体組織適合性も抜群!

2023/10/07

近年、話題になっているインプラントには、生体親和性が高く、生体組織適合性が抜群なものがあります。このような特徴を持つインプラントは、体内に入れられることで、自然な様子で機能し、長期的な使用が可能となります。そのため、歯科治療や骨科手術などの分野で広く利用されており、近年ますます注目されています。今後も、より高い品質のインプラントが開発されることが期待されます。

目次

    インプラントとは?

    インプラントとは、歯科医療において、失われた歯を補完する方法の一つです。歯根部に直接人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける方法です。歯を抜かなくても補完することができるため、他の補綴方法と比べて優れた点があります。 インプラントは、従来の入れ歯に比べて安定性が高く、咀嚼力・発音力・美しさなどを向上させることができます。また、周囲の歯を削る必要がないため、他の補綴方法と比べて歯を健康に保つことができます。 ただし、インプラント手術は大掛かりな手術であり、術後のメンテナンスが重要です。また、インプラント手術が可能かどうかは、歯の状態や患者さんの健康状態によって異なります。 歯科医師が患者さんにとって最適な治療方法を提案し、患者さん自身が納得した上で治療を進めることが大切です。インプラントを含む歯科治療については、専門の医療機関に相談することをおすすめします。

    生体親和性とは何か?

    生体親和性とは、歯科材料などの生体内に置かれたり接触したりする物質が、体によって認識され、受け入れられる性質のことを指します。つまり、体内に入ると体内の物質と同じように認識され、適切に働くことができることを意味します。 歯科医療における生体親和性は非常に重要で、治療に使用される材料や器具は、必ず体内で受け入れられやすく、体内に害を与えないことが求められます。また、歯科材料の生体親和性は、治療後の体調やもたらす影響にも重要な役割を果たします。 生体親和性の高い治療法には、充填材料として有名なコンポジットなどがあります。う蝕治療に使用されるコンポジットは、自然歯に近い色であり、歯の美観を損ねることなく、歯科医療の向上につながっています。 最近では、歯科材料の生体親和性が高いことが求められ、より高度な技術が必要になっています。生体親和性が高い治療を提供することで、患者さんの満足度が向上し、歯科医療の質の向上につながると考えられます。

    インプラントの優れた生体組織適合性とは?

    インプラントとは、人工歯根のことを指します。歯の欠損を補う目的で使用され、鋼材などの金属を採用している場合もありますが、最近では生体の軟骨や骨などと組み合わせたものが主流となっています。このように、人体との接触があるため、生体組織適合性が非常に重要です。優れたインプラントは、人体に対して過敏な反応を起こさず、適切な組織反応を引き起こすことができます。また、人体の組織と一体化することで、安定性が高く、咀嚼力の回復や美しい見た目を実現することができます。これが優れた生体組織適合性がもたらすメリットです。それに対して、生体への相性が悪いインプラントでは、過敏な反応が起こり、術後の痛みや腫れ、感染などのリスクが高まることも少なくありません。そのため、患者さんとの相談や検査、セレクトなどが必要不可欠です。歯科医師は、そのような緊張感を持って診療にあたっているわけです。生体組織適合性が優れたインプラントを用いた、患者さんにピッタリの治療をサポートすると同時に、適切なアフターケアを提供することが大切です。

    インプラントの話題性と普及の理由とは?

    インプラントは、歯を失った患者さんにとって、最も自然な歯に代わる治療法と考えられています。そのため、近年ではインプラントに関する情報が増え、その話題性も高まっています。また、歯科治療の進歩もあり、インプラントを受けることができる患者さんが増えてきています。 インプラントが注目を浴びている理由として、インプラントは失った歯を再現することができることがあげられます。また、自分の歯と同じように食事を噛むことができるので、食生活や噛む力の低下を起こすことがないというメリットもあります。さらに、顎の骨が減少することを防ぐため、歯周病によって歯を失う前にインプラントを受けることで予防もできるという点もあげられます。 歯科治療の発展によって、インプラントを受けることができる患者さんが増えています。また、日本でも歯科医師会からの推奨があるなど、インプラントが普及していると考えられます。しかし、高額な治療費や治療期間が長いことがハードルとなっている場合もあります。それでも、インプラントの話題性は高いので、歯科医院にとっても重要な治療法であることは間違いありません。

    インプラントの医療現場での利用方法とは?

    インプラントは歯医者の医療現場において、最近使用頻度が高まっている治療法です。歯を失った患者さんに対して、自分の歯根の代りに人工の歯根を埋め込む方法であるため、自然な食べ物の噛み心地を維持できる点が人気の理由です。 インプラントは、手術によって人工の歯根を骨に埋め込むことから始まります。そして、その人工歯根に人工歯を取り付けることで、自然な咬合力と美しく自然な見た目を実現します。歯科医師は、インプラント治療を行う前に、レントゲンなどの検査をして、患者さんに最適な治療プランを提示します。 また、インプラントは、義歯やブリッジなどの治療法と比べ、長期的に見るとコストパフォーマンスが高くなると言われています。治療期間は半年以上かかることもありますが、優れた審美効果と機能を持つため、ハイクオリティな治療法として注目されています。 歯を失ってしまった患者さんにとって、自分の歯を取り戻すことは心身共に大きな負担になることがあります。インプラント治療により、それらの負担を軽減して、快適な生活を送ることができるようにするのが、歯医者としての大きな使命となります。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。