医療法人むらつ歯科クリニック

顎関節症とインプラント治療の効果的な取り組み

無料相談はこちら

顎関節症とインプラント治療の効果的な取り組み

顎関節症とインプラント治療の効果的な取り組み

2023/10/12

顎関節症は、顎の動きに関連する疾患の一つで、口を開けたり閉じたりする際の痛みや音の発生、ひどい場合には顔や首の痛みなどを引き起こします。その一方、インプラント治療は、歯を失った部位に人工歯根を埋め込み、自然な咀嚼機能の回復を図る治療法です。このように、顎関節症とインプラント治療には密接な関係性があるため、効果的な取り組みが求められています。本稿では、顎関節症とインプラント治療に関する最新情報や治療のポイントについて述べていきます。

目次

    顎関節症とは

    顎関節症は、顎関節が機能しなくなる疾患です。顎関節は、顎の開け閉めや噛むという動作に重要な役割を果たしており、顎関節症では顎を動かすと痛みや不快感が生じることがあります。また、顎関節症の症状には、顎が固まる、咀嚼時の音がする、頭痛や耳の痛みがある、口が開かないといったものがあります。顎関節症の原因は、噛み合わせや咀嚼に異常があるため、ストレス、顎のけいれん、歯ぎしりなどが考えられます。治療方法については、歯科系の治療を受けることが多いです。歯科医師や口腔外科医は、症状に合わせて、マウスピースやリハビリなどの治療法を行います。早期発見や治療が重要です。顎関節症の症状がある場合は、専門医療機関を受診し、適切な治療を行いましょう。

    インプラント治療と顎関節症の関係

    インプラント治療は、歯を失った際に選択される代表的な治療方法の一つです。しかし、この治療法が顎関節症に影響を与えることがあることが知られています。 インプラントを埋め込んだ後、その歯を噛む際には、歯に加わる力は通常よりも大きくなります。このため、歯周組織や咬筋、そして顎関節に負担がかかる可能性があります。それによって、顎関節の痛みや不調を引き起こすことがあります。 特に、歯が一本だけ欠損している場合は、対象となる歯にインプラントを埋め込み、それによって対象の歯の噛め方が変わってしまうことがあります。この場合、新しくインプラントを埋め込んだ歯が当たっている側の顎関節に負担がかかりやすくなるため、顎関節症の症状が現れる可能性があります。 インプラント治療において、顎関節症を引き起こすリスクを減らすためには、専門的な歯科医師の指導のもと、正しい噛み合わせの調整が行われることが大切です。また、治療前に顎関節症の問題がある場合は、細かな相談を行ってから治療を始めることも必要です。 インプラント治療は、歯を失った場合に非常に有効な治療法ですが、特に顎関節症に悩む方は、治療前に注意深く相談することをおすすめします。

    顎関節症を改善するためのインプラント治療の取り組み

    顎関節症は、多くの人が抱える症状の一つであり、痛みや開口制限などの症状が現れることがあります。このような症状を改善する方法として、インプラント治療が注目されています。 インプラント治療は、人工の歯根を顎骨に埋め込むことにより、人工歯を支える方法です。この治療を顎関節症の改善に取り入れることにより、咬み合わせのバランスを整えることができます。歯の位置を正しくすることで、顎関節にかかる負荷を軽減することができるため、症状の緩和が期待できます。 また、インプラント治療は、優れた審美性を持つため、見た目の美しさを取り戻すことができます。美しい歯並びが得られることで、自身の自信も取り戻せるため、生活にもプラスの影響が与えられます。 顎関節症に苦しむ方たちにとって、インプラント治療は有効な選択肢と言えます。歯科医師との相談を通じて、自身に合った治療方法を見つけ、健康的な生活を取り戻していきましょう。

    インプラント治療前の顎関節の検査方法

    インプラント治療は、失った歯を取り戻すための優れた方法です。しかし、インプラントを行う前に、顎関節の状態を正確に把握する必要があります。顎関節の検査方法は、レントゲン撮影やCTスキャンなどがあります。これらの検査によって、顎関節の形状、歯根の長さ、周囲の骨の密度などを正確に調べることができます。また、口腔内検査や咬合テストも行われます。これによって、咬合の問題や歯並びの異常、歯ぎしりなどの問題がある場合、それに対する治療も同時に行います。顎関節の異常がある場合、インプラント治療が難しい場合があります。顎関節の検査は非常に重要な意味を持つため、信頼できる歯科医院を選び、相談してみることをおすすめします。

    インプラント治療後の顎関節症の予防策

    インプラント治療後に顎関節症を予防するためには、以下のような注意点があります。 まずは噛み合わせを調整することが大切です。インプラント治療によってかみ合わせが変わることがあります。そのため、かみ合わせが正しい位置に調整されているかを確認し、合わせることが必要です。 また、歯ぎしりや食いしばりをする癖がある人は、顎関節症を引き起こすことがあります。治療後には、その癖を改善するための習慣づけが必要です。 さらに、インプラント治療後はストレスを避け、リラックスすることも大切です。ストレスによって、歯ぎしりや食いしばりが増えることがあります。ストレスを感じたら、適度な運動や深呼吸などをしてリラックスするようにしてください。 以上のことを実践することで、インプラント治療後の顎関節症を予防することができます。治療後は注意深くケアを行い、健康な口腔環境を維持するように心がけましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    グループクリニック:Mメディカルクリニック福岡

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。