医療法人むらつ歯科クリニック

虫歯治療で根管治療を受けるのは逆効果?

無料相談はこちら

虫歯治療で根管治療を受けるのは逆効果?

虫歯治療で根管治療を受けるのは逆効果?

2023/12/28

あなたは虫歯が進行して、根管治療を受ける必要があると告げられた時、驚きと不安を感じたことでしょう。しかし、実は根管治療を行うことが虫歯治療の最適な方法とは限りません。最新の研究によると、根管治療は虫歯の再発や口腔内の微生物バランスを悪化させることがあるということです。本記事では、虫歯治療で根管治療を受けることが逆効果な場合があることを解説します。

目次

    虫歯治療の一つ、根管治療とは?

    歯には神経と血管が入っており、虫歯が進行すると神経が浸食されることがあります。その場合、根管治療が必要になります。根管治療は、神経内部にある炎症や死んだ神経を取り除き、根の中にある傷ついた組織を清掃し、殺菌する治療方法です。治療には排液・消毒プロセスが含まれ、こうすることで、たいていの場合は歯を抜かずに済むようになります。根管治療の流れは、歯を麻酔し、歯の表面に穴をあけ、神経内部に細い針を通すことから始まります。治療中は、患者は痛みを感じないようになるために麻酔が必要です。そして、治療後は常に口内清掃を行い、定期的に歯科受診をすることで、再発を防ぐことが大切です。歯科医師が適切な根管治療を行うことで、患者の歯を健康に保つことができます。

    虫歯治療で根管治療を受けるにはどんな場合がある?

    虫歯は歯の表面が脆くなってしまい、進行すると歯の神経(歯髄)が痛むことがあります。このような場合、歯の表面に詰め物をして除去することもできますが、虫歯が神経まで進行している場合は、根管治療が必要になります。 根管治療は、歯の中にある神経を除去し、中に残っている菌を取り除きます。そして、中空になった空間を根管充填材で埋めます。この治療は、歯の健康を維持するために重要な治療法の一つです。 虫歯が神経まで進行した場合、痛みや腫れ、膿のたまりなどが現れます。このような症状がある場合は、早めに歯科医師に相談することをおすすめします。歯の根管治療には、痛みの緩和や麻酔を用いて行うため、治療中の痛みはほとんどありません。 根管治療は、歯を抜かなくても歯を保存する方法の一つです。歯を抜かずに済むため、その後の入れ歯や義歯の必要がなく、歯の機能や美しさを維持することができます。 虫歯の進行には個人差がありますが、早めに歯科医師に相談し、適切な治療を受けることが大切です。歯の健康を維持するために、定期的な歯科検診を受けることをおすすめします。

    根管治療は逆効果?治療にかかる費用や期間は?

    歯の根元にある根管に感染や炎症が起こると、治療方法として根管治療があります。しかし、この治療が逆に歯を不健康化する場合があります。実は、根管治療は歯を人工的に殺菌し、補綴材で埋める治療方法なので、治療後には機能低下する可能性があります。また、治療期間も数回に分けて行われることが多く、費用も高額になります。しかし、治療が必要な場合は放置することが重篤な病気や他の歯の悪影響を引き起こす可能性があるため、避けては通れません。根管治療を受ける際には事前に歯医者と相談して、リスクや費用、期間について理解し、適切な治療方法を選択することが大切です。

    根管治療後のケアにはどのような注意点がある?

    根管治療は、歯の根から炎症を取り除き、歯を救うために行われる治療です。治療後には、特別なケアが必要です。一般的な注意点は、口を十分に清潔にし、その後歯磨きをしないことです。また、飲食物を摂る際には注意が必要です。特に、冷たいお飲み物やアルコール、熱い食べ物などは避けることが望ましいです。また、強い噛み付き、歯ぎしり、強い口呼吸も治療後には避けるようにしましょう。もし痛みや炎症が発生した場合には、すぐに歯科医師に相談することが大切です。治療後のケアを十分に行い、治療後の歯を長く健康に保ちましょう。

    根管治療は避けた方がいい?代替治療法について

    根管治療は、虫歯や歯根の病気などで歯が痛む場合に行われる歯科治療の一つですが、最近ではその適切さについて疑問が持たれるようになっています。根管治療で使用する薬品や器具によっては、歯の神経細胞を壊してしまうことがあり、治療後に周囲の菌が繁殖することもあるため、治療が失敗することもあります。そこで、代替治療法として、虫歯にならないように予防するための定期的な歯科健診とクリーニング、そして歯の再生治療が注目されています。歯の再生治療は、歯自身が持つ再生力を利用し、神経を残したまま歯の組織を再生するというものです。根管治療よりも自然な治療法であり、治療後の感染のリスクも低いとされています。しかし、再生治療はまだ研究段階であり、一部の歯科医院でしか受けられないこともあるため、治療法として選択する場合は、十分な情報収集を行い、信頼できる歯科医院を選ぶことが重要です。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。