医療法人むらつ歯科クリニック

根管治療はリスクが高い?歯医者業界の専門家が語る

無料相談はこちら

根管治療はリスクが高い?歯医者業界の専門家が語る

根管治療はリスクが高い?歯医者業界の専門家が語る

2023/12/28

歯の根管治療は、歯を救うために必要な治療法ですが、そのリスクについて気になる方も多いかもしれません。この記事では、歯医者業界で専門家として活躍する方に根管治療のリスクについてお話しを伺いました。どのようなリスクがあるのか、避けるためにはどうすればいいのか、詳しくご紹介します。

目次

    根管治療とは?

    根管治療とは歯の内部にある歯髄(しずい)という神経や血管を取り除き、その空洞に薬剤を詰め、根の先まで清掃して治療する方法です。歯の内部に深い虫歯がある場合や歯を強い力で打撲した場合、歯髄に炎症が発生してしまい、痛みや腫れ、歯の色が変化するなどの症状が現れます。このような炎症が進むと、歯を残すためには根管治療が必要となります。治療の流れは、まず歯を麻酔で麻痺させ、歯の内部に穴を開け、歯髄を取り除きます。次に、根管を薬剤で洗浄し、残った細菌や神経を殺菌します。最後に、根の先まで薬剤を詰めて、仮歯をかぶせます。当然、同じ歯でも人によって症状や硬さが違うため、治療には慎重さが必要です。しかし、根管治療を行うことで、歯を残すことができます。

    根管治療のリスクとは?

    歯の根に炎症が起きた場合、根管治療が必要になります。しかし、根管治療は治療期間が長く、治療中に感染が起こる可能性があります。また、副作用として神経組織や周辺組織の炎症が生じる可能性があるため、治療前にリスクを十分説明し、患者さんと十分に相談を行う必要があります。さらに、治療後にも虫歯や歯周病が進行した場合、再度根管治療が必要になるリスクもあります。そのため、正しいブラッシングや定期的な歯科検診など、予防にも力を入れることが重要です。歯を守るためにも、根管治療にはリスクがあることを理解したうえで、適切な治療スケジュールを立てることが大切です。

    根管治療で発生する合併症とは?

    根管治療は、虫歯や歯の外傷などで歯の神経や血管が損傷した場合に行われます。この治療では、神経や血管を摘出し、根管内をクリーニングし、薬剤を充填して歯を保存します。しかし、根管治療中に合併症が発生することがあります。 一つ目の合併症として、根管治療中に器具で折れたり、根管内に押し込んでしまったりすることが挙げられます。これらの器具を取り出すことが困難である場合は、再手術や抜歯を行う必要があります。 二つ目の合併症として、口腔内感染が起こることがあります。根管内をクリーニングする過程で、歯の周りの細菌が根管内に入り込む可能性があります。それに加え、治療が不十分であった場合や、治療直後に衛生管理が十分でなかった場合などにも感染が起こり得ます。 三つ目の合併症として、歯の折れや欠損が生じることが挙げられます。根管治療では、神経や血管を摘出するために歯が脆くなり、治療後には装着するクラウンやブリッジが必要になることがあります。しかし、クラウンの装着やブリッジのスペース作りで歯が削られすぎたり、歯に負担がかかりすぎたりすることが原因となって歯が折れたり欠損したりすることがあります。 以上のような合併症が起こらないように、歯科医師は根管治療において丁寧な治療と衛生管理を心掛ける必要があります。また、治療後は定期的な検診やクリーニングを受けることで、口腔内感染を予防することが大切です。

    根管治療の成功率は?

    根管治療とは、歯髄に病気や感染が起こった場合に行われる治療方法です。歯髄は歯の神経や血管などが含まれる部分であり、これが病気や感染によって損傷を受けると、激しい痛みや歯の腫れ、顎の腫れなどが起こります。このような場合には、根管治療が必要になります。 根管治療の成功率は、患者さんの状態や治療法によって異なりますが、一般的には70~90%程度とされています。治療が上手くいかなかった場合には再度治療を行うこともありますが、再治療を必要とする割合は10~20%程度とされています。 根管治療の成功率をあげるためには、患者さん自身が正しい口腔ケアを行うことが大切です。特に歯周病などの疾患を予防し、歯の健康を維持することが重要です。歯の状態や治療法をよく理解し、適切な歯科医院で治療を受けることも、成功率をあげるためには大切です。また、根管治療後には定期的な検診を受け、歯の健康を維持することが必要です。

    安全な根管治療を受けるためにできることとは?

    歯の神経に炎症や感染が生じた場合、根管治療が必要となります。しかし、治療中に感染菌が体内に侵入する恐れがあります。安全に根管治療を受けるためには、以下のようなことが大切です。 まず、歯科医院選びが重要です。信頼できる歯科医院を選び、治療前に医師とじっくり話し合いましょう。治療についての不安や疑問点を解消することが大切です。 また、治療前に口内の衛生状態を整えることも必要です。歯磨きやデンタルフロスを積極的に行い、十分な口内清潔を保ちましょう。 そして、治療中には医師の指示に従うことが必要です。あまりにも強く力を入れると感染菌が広がる恐れがあるため、しっかりとリラックスして治療を受けることが大切です。 以上のようなことを意識することで、より安全な根管治療を受けることができます。歯科医師とのコミュニケーションを大切にし、自分自身でも口内環境の改善に努めましょう。

    記事監修 村津大地

    記事監修 村津大地

    専門:かみ合わせ、インプラント、口腔外科

    メッセージ
    むらつ歯科クリニックでは、歯は単に噛むための道具ではなく、体の重要な臓器である。その考えのもと歯と全身とのつながりを考えた歯科治療を行っています。他にもより安全な歯科材料の使用や予防。栄養学に至るまで指導を行い、体の底から健康になっていただけるようにと考えています。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    九州大学病院 顎口腔外科入局
    九州大学大学院 顎顔面病態学講座
    福岡歯科大学医科歯科総合病院勤務
    同大学助教
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋一平

    記事監修 三嶋一平

    専門:矯正歯科、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正(マルチブラケット)、かみ合わせ

    メッセージ
    矯正治療中の患者さんの気持ちに寄り添うことを大切に考えています。 患者さんがより快適に楽しみながら治療を続けられるように、また自分の身体と向き合いながら、自分の身体を好きになれるようにサポートします。 歯並びとお口の機能が整うと、身体は驚くほど元気になりますよ。むらつ歯科クリニックで歯列矯正を行って自分の能力を100%発揮できる身体になって、人生をもっと楽しみませんか?
    経歴
    福岡歯科大学付属病院 臨床研修医
    福岡歯科大学矯正歯科入局
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    記事監修 三嶋茉莉

    記事監修 三嶋茉莉

    専門:審美歯科(セラミック治療)、マイクロスコープ精密治療、小児歯科

    メッセージ
    患者さまがより健康に、より元気になっていただけるよう、また安心して治療を受けていただけるようできる限りわかりやすく丁寧な説明・治療を心がけております。治療を楽しみながら続けていけるよう、スタッフとともにサポートさせていただきます。むらつ歯科クリニックでは、審美歯科(セラミック治療)マイクロスコープ精密治療から虫歯のコントロールまでなんでも担当しております。プライベートでは二人の男の子のママとして、毎日子育て奮闘中ですが、自分の子育て経験や、小児歯科の知識から、お子様のお口の発育の管理にもお手伝いできたらいいなと考えております。
    経歴
    福岡歯科大学卒業
    同大学小児歯科入局
    福岡市内歯科医院勤務
    医)むらつ歯科クリニック勤務

    閉じる

    むらつ歯科クリニック

    電話番号
    092-476-0808
    所在地
    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−9 歯臓ビル
    受付時間
    9:00 ~ 18:00
    休診日
    日曜日・祝日・木曜日(不定期)

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。